スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同時点火!!

ぬっひっひ♪こんなもの手に入れちゃいました。
MDI

ウルトラMDI?Rダイレクトイグニッション(日産NAPSポイント点火4気筒用)です。(もちろん新品)

今までMSDを好んで使っていましたが、エンジンの圧縮が上がったために
始動時、セルにより電力を食うようになったがためにMSDに電圧がかからなくなってしまったからです。
MSDは12Vきっちりかからないと点火が弱くなったり点火時期が狂ったりするようで季節も重なって始動性が最悪。
バッテリーを大きくすれば良いかもしれませんがカーステも付いていない車なのに始動時の為にわざわざ重いバッテリーを積むというのはどーなのか?
と重いMSDを辞めることにしました。
そこで次なる点火システムを何にするか?と考えたときに
MSDを超えて始動性が良くまた耐久性があってアフターが効くものと考えると永井電子機器のウルトラMDIしかないと思いました。
始めは普通のMDI+PPKを考えたのですが何か専用ハーネスとかいるようで合計すると結構なお値段に
そこでMDI-Rの同時点火をどうだ?と思いインターネットで安いところを探すと普通のMDIを揃えるのと同じ位で手に入ることが分かり同時点火に決定しました。
同時点火には別にハーネスも入らないし専用コイルも付属するので点火系をALLウルトラに出来てこっちの方が絶対お得ですね。

しかし同時点火には日産NAPSのポイント点火用しかありません。
ベレットGT?Rは日産NAPS以前の日立デスビと同じようなのですがNAPS用とはローターの高さが大きく違い、ポイントを付ける台座も少し違うようです。
でもダイレクトイグニッションなのでデスビキャップはただの蓋になるわけですからローターの高さはただピックアップとの高さの関係だけ
台座はどうにでもなるだよろうと思いました。
ローター自体の取り付けはどうかなと思いましたが問題なかったです。

で早速デスビをエンジンから引っこ抜きピックアップを仮付けてみました。
MDI2

無加工で付いちゃいました。
ただ日産A型などとはデスビの回転方向が逆のようでピックアップがローターの金属部にかかる方向が反対です。
その分台座を移動させないといけないのですが調整幅がとても広く作ってあって余裕で移動できました。
さすがウルトラです。
写真の下側が1、4気筒用のピックアップで左側が2、3気筒用です。
ピックアップは電磁式のようでローターには金属片が180度に2枚ついています。ローターを1気筒に合わせたときにちょうど1、4気筒用ピックアップがローターの金属片にピックアップ部のちょうど半分入ったところに合わせました。
でもダイレクトイグニッションなのでピックアップとデスビキャップの関係は必要ないのでデスビのを回転させて調整できる範囲に合わせていれば問題ないかなと思います。

以前までが
デスビ?CDI?コイル?デスビ?プラグ
だったのが
デスビ?CDI?コイル?プラグ
になるわけですので
デスビキャップの消耗もなく、点火タイミングが狂うこともありません。
また、1気筒で圧縮した混合ガスを爆発させた瞬間、4気筒では排気ガスを排出しているときに再び点火しているわけです。
しかもMDIでアイドリングなら3発点火ですから
『完全燃焼』
おかげでトルクアップ&燃費向上は確実。
物理的に無理だけどMDIは2万回転まで安定に点火するそうなので高回転が伸びて出力アップも期待できます。
まあそんなことも全ては私の組み付け、調整次第。。。
頑張らなければ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます~
MDIに変更するんですね!
私もMDIですが、同時点火じゃなくてPPKつけてます。
暖かくなったらダベミ&ツーでもやりましょうよ~。

こんにちは。
地元奈良の旧車事情はぜんぜん知りませんので
是非お願いします。
4月には走りまわれる状態になるよう頑張ります。

こんちわー。
3月は岐阜までダベミ行きますよ~。
4月は8日に京都丹波ワインで
チームヤマモト・クラシックカーフェスティバルがありますよ~。
タイミングが合えば一緒に行きましょー!

了解です。頭に入れときます。
オルタネータも元々の別体の機械式レギュレータから最近のICレギュレータ内蔵のオルタに交換を試みているのですがどうやら始めに思った配線がミスっているようでやり直しです。
ベレGの配線図さえ手に入れば簡単なのでしょうが。。電気は難しいです。。

ありがとうございます

S48年式のギャランGTOに乗ってます。現在はサニー用のPPKとハイパー・イグニッション 8700で点火系をまとめています。同時点火を企み、ここに、たどり着きました。非常に参考になりました。ありがとうございます。

久保宮宏麿さん、はじめまして。
過去の記事をご覧いただき、そしてコメントを頂き、誠にありがとうございます。
改めて自分で書いたものを見てみると変なことばかり書いているように思います。
もう2年以上前なのですね。。。
2年経ってベストの点火状態かというと正直?です。
全ての記事を参考程度にお願いいたします。
高性能な点火システムへの変更はとても合理的で手っ取り早いパワーアップ方法ですが
その為に本来の「回転数、負荷の状況に対して最良のタイミングで点火」という基本的な所を忘れそうになってしまいます。
私はトルクアップはしたのですがピークパワーがなかなか伸びずガバナの進角幅を変更したりなど色々試行錯誤をしましたが
結局、デスビ事態の老朽化による主軸のガタが一番の原因であったことが分かりました。
各部品の老朽化は旧車には避けられないですが、サーキットで早く走っている車でも普通にポイント点火の車もあるようにチューニングパーツを最大限に生かすのも基本がどれだけしっかりしているかかもしれません。
機械は調整した通りにか動いてくれません。。
そこが旧車の楽しいところですね。
S48年のGTO、良い趣味しておられます。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。