スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G161Wの写真

コチラでご紹介いたしました販売いたしますG161Wの外した際に撮った写真が少しありますので載せておきます。
g161ww desubi oruta maunt curch cruch2 ex1 ex2
詳細はコチラをご覧ください。上の写真のものは全て付きます。
・エンジン本体は若干汚れありますがO/H時にブラスト処理、再塗装等されておりアルミ鋳物もこの年式では腐蝕少なく綺麗な状態を維持しています。初期ヘッドはヘッドとブロックの間のオイルが上ってくる道にOリングが無いのでジェミニZZ-R用の大容量オイルポンプとの組み合わせではキャブ下側のヘッドガスケットからオイル滲みが出やすいですが目立って滲みは有りません。またご存じの通りこのエンジンにはレ―シングカーようにバルブステムシールが無くオイル下がり易いです。O/H時に新品ガイドに打ち直しておりオイルの減り/マフラーからの白煙等は有りませんがオイルキャッチタンクは付けた方が良いと思います。
・デスビは永井電子のMDI(同時点火)用のピックアップ組込です。ガバナ進角(30度ほど)。軸のガタは改善させていますが若干オイル滲みます。日産A型などの規制前デスビ用のピックアップ、フルトラキットがほぼポン付け可能です。
・ICオルタネーターは70Aです。取り付けの為の加工は自身がやったもので少し改善の余地有りです…。
・エンジンマウントはO/H時に新品交換。まだまだ使用可能です。前側のエンジンハンガーでトルクダンパーが追加できるようになっています(フレーム側は要加工)。
・フライホイールはクロモリ軽量。クラッチ一式はメタルクラッチです。セルを回すとギギギンと鳴り、走りだすとヒューンと音がするので街乗りでは少し耳障りです。ただディスクの減りはほぼ無しです…。
・フルエキはある意味レアなキタエンジニアリングのスチール製です。初期ヘッド用にタコ足のフランジ角度を修正してもらっています。熱害を受けるタコ足は少し塗装の剥がれ小錆ありますがマフラー部はキズ程度です。再塗装してください。自身で付けたA/F計取り出しあります。
・その他、エンジンの計器取り出しは水温、油圧は純正位置、油温はオイルパン後方に取り出しを加工しています。いずれも一般的な計器で取り付け可能です。

販売価格はお問い合わせとしておりますがご想像よりも安く設定しているつもりです。お気軽にお問い合わせください。
現物は全てアクエリアススポーツに保管中です。費用は別途ですが更なるパワーアップ、仕様変更、ステンマフラー作製(形状自由)、その後の消耗部品等、このエンジンを組んだ方にご相談ください。
以上、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。