スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Droga do Urzedowa 最終編

地元ウジェンドフの4人衆インドでロイヤルエンフィールドを購入しネパールへそしてヒマラヤのふもとで落石に会い一人がリタイヤ、その後インドからバイクを空輸するはずが輸送費が算出できずバイクは船便へ、体は黒海へ向かいヒッチハイクでルーマニアに到着。
そこでポンコツのダチアをゲット。
uzendow
ルーマニアは仕事で何度か行ったことがありますが今もなおヨーロッパとアジアの文化が交わる不思議な国(←リンクは人種を識別する意味で行った訳ではありません、むしろ日本にはない大陸の1つの歴史として知ることが大切だと思います)。
走りだしてすぐに燃料ポンプのトラブルに会うも親切な修理屋さんに偶々出会い無料で修理してもらいその後トラブルもなくポーランド入り
先週の金曜日に無事に故郷のウジェンドフへ到着したとのことでした。
uzendow2
花束を持っているロン毛の彼は彼の幼なじみに聞いた話ですが家庭の事情で一度も学校に行ったことはなく母国語のポーランド語ですら自己流、幼い頃から整備工場で働きその腕を買われて今回のこの旅には雇われ整備士として旅費も全て負担してもらい参加したとのこと。今では街の英雄です。
この夢のあるお話は現在、本職であるテレビ局に勤める彼らによって映像の編集中とのことです。
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

楽しそうですね、私も35~36年前にロスアンゼルスに自分が乗っていたトランザムのパーツを買いに行きました、言葉も解らず、アメリカの地図とパーツショップの住所だけで10日間、空港でハーツのレンタカーを借りて(よく借りらえたかが今でも不思議)、そして国道5か6か51でサンフランシスコまで行き帰ってきました、それが始めての海外旅行でした、若い頃は勢いで出来た事が中々今は出来なくなりました。

No title

いつもコメントありがとうございます。70年代のアメリカですか、今とはまたぜんぜん違うのでしょうね。
昨年の夏にシアトルの方へ旅行へ行きましたがあの事件以降、アメリカのパスポートを持った人以外の人へのセキュリティーがとても厳しくてポーランドから来た日本人という私は何故ポーランドから?帰るときは何故ポーランドへと特に何処へ帰ろうとも俺の勝手やろ!と思いながらポーランドの就労ビザを見せるもポーランド語しか書いてないので説明するのが大変でした。日本語英語もぜんぜん通じないし(理解しようと努力もしない…)年配の方のアメリカ英語は聞き取りやすくこっちの話も理解もしてくれるのですが若者はまったくなに言っているか互いに不明…(それは日本もそうかもしれませんが)、その中でタクシーの運転手や空港の警備や掃除をしている同じように外国から来た人の優しさは身に染みました。アメリカ、また行きたくなってきました(笑)

No title

フジさん、こんにちは何時も楽しく拝見させて頂いてます。
シアトルですか、僕も冬のシアトルに行った時は霧で飛行機が飛ばず10時間空港のベンチで寝ていたと言う
思い出があります、あとアメリカのイミグレーションで何時も30分は引っ掛かり挙句の果ては別室です、その訳は、アメリカのグリーンカードを持っているのに生活の拠点が日本なので、何時もぶつくさ言われてました、唯一良かったのは、セキュウリテーチェックがあまかった事ですね、特に国内線は楽でした、今は10年めの更新をせずに切れたままです、一番良かったビザは、就労ビザの一つ上だったかの時は税関の人がサーを言葉の後に付けてくれてましたね、まあ、今となっては昔の事ですが。

No title

こんにちは。いつもありがとうございます。
私もポーランドへ帰る時にシアトルの少し南のポートランド空港から乗る予定だったのですが散々待ったあげくにフライトキャンセルに合い日付が変わる頃にホテルのチケットを渡されホテルに向かうと満室で泊めさせてもらえず…取り敢えず空港へ戻って帰りの飛行機を確認すると予約されているのは3日後…その時たまたま日系の方がカウンターに居て無理やり次の日へ割り込ませてもらいました(でもポートランド~アトランタ~アムステルダム~ワルシャワで各空港の乗り継ぎ毎に5h以上待ったと記憶しています)。

大川さんはどんなにスゴイ方なの?と思ってHPのプロフィールを読ませていただきました。日本のモータースポーツシーンを作り上げてきたお1人なのですね。何も知らなかったのでビックリです。これからもよろしくお願いいたします。。

No title

フジさん、こんにちは、
こちらこそ、宜しくお願いします。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。