スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちのおっちゃん

うちのおっちゃんって自分の親父の事ですが、ふと思い出したこと…
正月に実家で親父の勤めている会社の社報をたまたま見てるとうちの親父がピースをして載っているのを見付け
読んでみると岡山国際サーキットで毎年夏に行われている自転車レースの10時間耐久のソロのレースで優勝したみたなことが書いてありました。

親父は多分60歳くらい(なぜ正確に知らないという質問は無しで…)今も電気関係の技術職で毎日会社にロードバイク(チャリ)で行ってますが(今は駅まで)35年以上チャリ通をやっていることになります。その経験を活かして数年前からこの耐久レースに出ています。それまではマラソン大会ばかり出てましたが。

真夜中を10時間、サーキットをグルグル回って気違いチャンピョンだろと親父には言いましたが、自転車で岡山国際を毎年10時間走ってるってことはコースの路面、傾斜、コーナーの走行ラインなど隅々まで知っているかも?・・・
元六甲ローリング、幼い頃はスバル・レオーネで散々六甲山へ連れて行かされた(吐き気とスキール音だけ記憶にある)はこれは車で走ってもらうとエエかも?ベレG貸してみようかなぁ(その代わり新エンジン作製コスト半分くらい負担してけろ、笑)

同じく正月に「ベレGそろそろどっかへ動かしてくれへん?あそこでヨット作りたいねんけど」と言われました。
そいうえば社報にはこれは1つのトレーニングに過ぎない…みたいな訳の分からんことが書いていましたが親父は1等航海士の免許を持っているのでどこまででも遠洋できるのか?…これは自作ヨットで世界一周でも本気でたくらんでいるのか・・・まあやりたけりゃ誰も止めはしないけども。

特許庁のHPで名前で検索すると沢山出てくるも売れない技術屋ですがいくつになってもそのチャレンジ精神は尽きない(気違い)親父の姿はやっぱ凄いなぁと自分の親ながら尊敬します。

ふと独り言で書きました(ただネタがないのです…)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あのおっちゃんがそんなすごい人だったとは知りませんでした。あらためて尊敬しましたFUJIさん一家。神戸の西宮の港に世界一周した人のヨットが展示されていましたが、あんな小さい船ですごいなと思いましたよ。ガスケットについては最近のハンターカブのステンレスでできているようでそれを拡大してみます。いろいろとありがとうございます。やはりそちらでもフィアットを弄ったほうが良いのでは?そちらの国ではバイクはほとんど見ませんでした。

No title

もっくんさん、こんにちは。
ガスケットは単気筒だし、そんなに複雑なカタチをしていないので一から作っても難しくないと思いますけどね。
その場合は加工が容易で熱膨張率の高いアルミとか銅の板が良いと思いますよ。
こちらのアパートやマンションには駐輪場みたいなもの無いですからね。一軒家でしかバイクは置いとけないですよね。その前にバイクは1年の半分くらいしか乗れない方が大きいかも(笑)
ポルスキフィアットもエエですね。でも弄る暇がない。むしろスイフトとかが便利で良さそう。でも買うお金がない。人生は険しいものです(爆)

No title

何とまぁ、アクティブなお父さんですね~。
乗り物より自身の身体を使って・・というところに敬意を表します。

六甲を初め、箕面、五月山などの近隣の山々は自分達も遊び場でした。
現在は二輪全面通行禁止が土日の所や平日も含めての所などとなってるようですね。
先人たちが無茶をした見返りが後の若者に跳ね返ってしまったようです。

レオーネというのがまた”通”ですね~。スバリストなのかな?
レガシィに乗り始めた頃、自分の車の名前をレオーネとよく言い間違えたものです。
元々興味があった車種ではなく、現行のスバル車と言えばインプレッサが真っ先に頭に浮かぶ。
クルマに興味があった若者の頃のスバル車といえばレオーネ。(ちなみにウチの母親は一時期レックスに乗ってた)
”レ”から始まるし、同じようなコンセプトのクルマだから、ついつい「レオーネ・・レガシィ」と言ってしまってました。

昔の飛鳥ラリー(後の関西ラリー)のSSスタートでTE71やジェミニZZなどの2駆が駆動力をロスしながら出てゆくのに対して、動力性能で劣るレオーネで参戦してた(立場上スバル車しか選べなかった)清水道夫氏のスタートが無駄なホイールスピンも無くすごい勢いで出て行ったのが未だに脳裏に焼きついてます。

自分の場合六甲は主に「東六甲」でした。
当時逆瀬川に住んでたので、家を出て左に甲山を見ながら駆け上がります。
フジさんとは反対側ですね。

途中のヘアピンで一緒に走ってたCB400fourの友人がコケました。
笑福亭仁智にちょっと似てることから”仁”と呼ばれてた友人の名を取ってそのカーブを仲間内で”仁コーナー”と呼ぶようになりました。
その友人が先日50数年で生涯を閉じました。
思いつくまま、気の向くまま好き放題をして遊んでた友人が家族を養う為に長距離トラックに乗り仕事中に誰にも看取られずに大型トラックの運転席で心不全での殉職でした。

将来あっちの世界に行ったらまた一緒に走りますわ。
あっちの世界は欲しいものを思うだけで家でもクルマでも、何でも手に入るとネットに書いてあったからw

No title

満太郎さん、コメントありがとうございます!
まあうちのおっさんは変なおっさんですわ。阪神巨人の巨人みたいな(でもどっちかといえば巨人が負けてる試合が好きみたいな、笑)感じです。タバコ吸いながら良くそんなに運動できるなと思います。

私も当時は宝塚(安倉)でしたから逆瀬川からゴルフ場を抜けて上るのがパターンです。三田に引っ越しても中学卒業するまでは宝塚で剣道をしていたので毎週末は行きは中国道、帰りは六甲(又は千刈水源地)抜けて帰ってました。176は混みますからね。しかしそれだけの理由で走る速度ではなかった、バイク小僧を見付けてはムキになって追い回していたような…後部座席の私と兄弟は右へ左へ天井へ頭をブツけまくっていました。今思えば解消しなければいけないストレスがあったのでしょう。
レオーネは丸目の2ドア、クーペボディ(もしかするとハッチバックだったかも)でサイドにストライプラインがあり誇らしげに4WDと書いてあったと思います。10年以上大切に毎週末のようにワックスかけて白の塗装が薄くなってサフェの灰色が薄く見えてましたが、最後に五島列島への家族旅行へ長崎までを往復しその後、廃車、スクラップとなりました。特に不具合なかったですからね。当時の日本の状況が異常です。同じレオーネを時々ネットで探してみますが見たことありません。名機EAエンジン搭載、当時残しといて!というにはあまりに幼すぎました(涙)
その後親父はレガシーGTワゴンに乗り換え、今はフィット、私の弟がNAのインプレッサに乗ってます。

仁さんはご愁傷様でした。でもそうやって思い出してもらえる仲間が居て仁さんはお幸せだと思います。
毎晩、暇つぶしに酒を飲みタバコを吸って好き勝手に生きている私も人のことを言えません・・・まあ失うものなど何もないことを強みに仕事もやっているところあるんですけどね(笑)
あっちの世界はそんなにエエもんなんですか?帰って来たヨッパライみたいですね!
でも神様も「なぁお前~天国っちゅうとこは~そんな甘いもんやおまへんにゃぁ~もっとぉ真面目にやれぇ~」って言ってるじゃありませんか、そう真面目に!はたから見れば変なことをやれば良いと思います。

今日はトーマス・エジソンの誕生日ですか。ウィキペディアを見て少し勇気付けられました(まあ比較にはなりませんが…)。

逆瀬川のGT-R

例えば先日偉業を成し遂げた間 寛平さんなど、世の中にはすごい60台が居るもんです。

逆瀬川駅からゴルフ場に向いてちょっと上がったところ(バス停名は西山橋)に「ラ・ブランシェ」というレンガ造りの喫茶店がありました。
30数年前、巷でコーヒー一杯200~250円くらいだったけど、そこは何と600~700円!
フカフカのじゅうたん、豪華な調度品、トイレも応接室みたい。
亡くなった友人と話のタネに一度だけ行きました。

逆瀬川駅から逆瀬台に向けてのバスは1時間に一本。通勤時間帯で2本。
必然的に身内がクルマで迎えに来るのが通例となってました。
駅前の本屋で買った「ドライバー」紙を小脇に抱え、おかんの駆るスバルレックスの到着を待ってると「クォ~ン」という乾いたエキゾーストノート。
おなじみのシルバーのハコスカGT-Rです。
前出の喫茶店を過ぎたあたりから音が聞こえ始めるんですが、何度聞いてもエエ音です。

家に帰ってZⅡのエンジンを始動させ「クォン、クォン」とやっても何か違う。
ならば、おかんのレックスのエアクリーナーのフィルターを外し無免許で町内を走ってみたけど、ただうるさいだけ。
となればGT-Rを買うしかない!

・・・と心に決めて早36年。
でもGT-Rのグロス160psに対して今のマイカーはネット270ps(自分自身知らない。MT280に対してAT265か270だったと思う)もあるから勝ちや!・・・と自分を慰めてます。

10年ほど前、新車のビッグホーンか中古の32GT-か悩んだ末ビッグホーンをチョイスしたことが悔やまれます。
後に知ったことで、同時期に「豊中のおっさん」も新車のインプレッサか中古の32GT-Rかで悩んでたそうです。
荒く使われてたであろう、中古で300万もするクルマにお互い手が出なかったと笑い話でした。

No title

GT-Rは永遠の憧れなのですね。それも直6までですかね。。でもスカGもいいですけどベレGもなかなかですよ(笑)
三田の車屋から奈良へ名塩あたりから混むので何度か六甲を抜けて帰りましたが逆瀬川駅前周辺から宝塚市役所辺りまで今の時代に重ステでクネクネ切り返すのは大変でした(笑)五月台抜ける方が山本駅周辺だけなので良いです。
ベレGは今の技術を取り入れてNAシングルカムでも200psは狙えますが、ついでにパワステも付けましょうかね(爆)
そう考えればZⅡの方がよっぽど現在でも使い勝手の良い名車かもしれませんよ。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。