スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械時計

現在使用中のマラソン(ギャレット)とフォルティスB-42です。
どちらも安物ですがほんの少し珍しい年式や文字盤色かもしれません。
tokei
マラソンは湾岸戦争当時の米軍支給品でいわゆる使い捨て(って響きが恐ろしい…)、手巻きです。
tokei2
放射性物質のマークが付いている通り発光はトリチウムを使用です。約20年前のものなので既に半減期が過ぎてぜんぜん光りません(笑)
風防もプラスティックですぐにキズが付きますが結構分厚くて曇ったらコンパウンドで磨いて自分で見えるようにせい!ってな感じです。
これは学生時代に入手しましたが使わない時に勝手に停まって休んでくれている為か巻くとちゃんと動きます。

もう1つは海外出向が知らされた約2年前に入手したフォルティスのフリーガGMT、いわゆるパイロット時計です。
GMTは意外と大活躍で日本の会社に電話する時など、まだ就業中か確認するのに一瞬で分かります。また飛行機の乗り換えなど乗り込む時に既に到着地の時間にGMT針を合わせていればどのくらい遅れているのか(どの位乗ってるかは普通の針を見れば分かる)流石にパイロット時計というだけあるくらい便利です。
今はほぼ毎日これを付けていますが、こいつがだんだん前よりも少し遅れ易くなっているような気がします。
1日1分もズレることはありませんし、特に時間に追われるような生活をしている訳ではなく余裕を見て行動すれば済む話なのですが、ズボラな分時間ギリギリに家を出たりするとこの数分のズレが大きく左右したりするのです(爆)
tokei2
自動巻きクロノグラフで定番のETAバルジュー7750シリーズをベースにGMT(2時間表示)にチューニングした(だから7754?)です。
周波数は4Hzということは毎秒4回中の振り子(テンプ)が振動しているのですが、誰でも知っている話ですがこの周波数が早いほど精度は出やすい、しかし燃費が悪い(腕から外して放置していたら直ぐに停まる)。だいたい外してから1日半?2日持ちますが2日以上持つ時計は低い周波数で摩擦のロスなどを限りなくゼロにしたスゴイ時計という訳ですね。秒針が微量づつ動いているのは機械式、機械式のはずの時計の秒針が1秒づつ動いていたらそれは偽物(クオーツを否定している訳ではありません、安くて精度抜群)

今、販売されている(完全に自社開発された最高モデルを除き)だいたい機械式時計にはスイスのムーブメント専門メーカーETA(←必ずクリックを!)のものが使われています。自動車のメーカーは違うけどもエンジンは皆同じとこが作ってますよ。って感じ。じゃあなんでこんなに値段に差が有るかというと表の装飾は置いといて各ブランド独自のノウハウでチューニングされたり。もう一度バラして手組されていたりするからです。
フォルティスは心臓部のテンプを振動で狂わないようなチューニングをしているようですが他は既製品のままでしょう(価格からして、笑)
だからチューニングだってOHだって出来ます。(数年後にはこの時計もフルOHが必要かな…)OHし続ければ一生使えます。
まるで車みたいですね。耳を澄ませば静かにチチチと鼓動が聞こえる。
究極のメカだと思います。メカ好きには溜まらないです♪

このフォルティスを休ませる為にもドイツ製の手巻きパイロット時計なんかが欲しいなどと思っているのですがお隣の国のくせに未だ売ってるのを見たこと無し(笑)必ず売っている店があるのだと思いますが今後とも見付からないことが自分の財布にとって最善策ですね(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

嫌いじゃないし、機械モノなので即コメントしようと思ったのですが、時計は全然詳しくなくて(汗)
周りにはとっても多いんですけどね、メカニックの時計ファン。

でもETAのHPには直ぐに飛んで行きました。
凄いですねぇ。
エンジニアリングの基本ってこんなところにあるんだと感じました。

っていうかですね、時計に手を出してしまうと自分が面倒な事になりそうで怖いんですね(笑)
他にも、男の子がハマりそうなナイフとかは極力見ないようにしています。

No title

今日は地元ポーランドのサプライヤー(鋳造屋)へ生産工程の拝見と品質の改善提案をしに出かけてましたがとても興味深かったですね。
自分達よりとっても大きな会社でしたが日本人が来るってことでとても気を使ってくれました。
美人なポーランド人女性の通訳まで(当然ポ⇔英)着いてくれて何だかとっても偉くなった気分でしたね(笑)
ミーテングではとても積極的に話を聞いてくれるのですがその時だけで実は出来たものは意外と大したことない…ってのが結構ありますが、まぁ改善品を期待して持つことにします。

時計も車が走ってナンボと同じでコレクションじゃなくて使う人のシチュエーションに合って使い勝手が良く、眺めているんじゃなくて本当に普段好んで使えなきゃ何にも意味ないと思います。だから高い安いの問題じゃないですよね。ナイフは普段使い勝手が良いじゃいったい何に使ってんの?って感じですが(笑)

でも時計の精度は必要なのは常に安定的に果てしなく時を刻むこと。ピークパワーでも低速トルクでもない”常に安定した”これが究極に難しい品質なのではと思います。それが1世紀も前から作られているってやっぱ人間って器用だなぁと思う反面、現在の衰退って酷いもんだなぁと思ったりします(私も含め)。

No title

ごめんね、ターンフロー(カウンターフロー)とクロスフローを勘違いしてるんじゃ? 消しておくね~(笑)

No title

satoさん、こんにちは。
あれっ!?一体なんて書いたか既に覚えてませんが・・・
クロスフローを頭に浮かばせながらターンフローって書いたんでしょうね(笑)
最近、嫌なことが忘れやすいような便利な脳ミソになってきましたが良いことはもっと忘れやすくなりました(爆)

時は金なり

う~ん、時計って乗り物なんかに相通じるものがあるんかな?
男だったら何がしかの興味を持ちますね。
若い頃はファッションで時計を選んで・・といってもハミルトンなどの軍モノとかホイヤーのダイバーとかそっち系ですけどね。
ビジネスユースの型も欲しいとロレックスのパチもんを神戸の高架下まで買いに行ったなぁ。
何故かクォーツで動く秒針~w
中身はセイコーとの噂だったので信頼できる??

話変わってベレG。
僕等が小中学生の頃に走ってたんやけど、子供のボクは決してカッコエエとは思わんかった。
それよりレアものではシルビア(初代の流れるようなフォルムのやつ)やコスモスポーツ(当然初代の地球防衛軍みたいなやつ)、フェアレディSR311、ホンダS800、ヨタ8など。
ポピュラーなとこでコロナマークⅡのレモンイエローに黒のレザートップもしくはボンネットにモノトーンで虎の絵がかいてあるやつ。
ホンダN360でレーシングストライプ&STPのステッカー・・などなど

イスズは117を除いて不細工な車ばっかりだと思ってた。
ベレル、フローリアン・・
でもオッサンになってからベレットのカッコ良さが解った。
当時としては先走った流行のデザインやったんやね。
そういう意味では日野コンテッサもそうだった。

いずれにしてもはじめてのマイカーにベレGを選ぶとは只者では無いな。
オートバイも古いのやったし~w

ただ今年の日本みたいな異常な猛暑の時期は乗れんな。
近畿で暑さ寒さの記録常連の豊岡を出し抜いて京田辺が9月に39.9度を記録。
でも計測器廻りのメンテに不備があった(草刈りしてない)ようなことで幻の記録。
ちゅうても39.9が39.数度やろけどね。

No title

軍物はシンプルで見やすくて耐久性があって僕も一番好きです。
スーツで付けてたってそれがハズシが効いててカッコイイと思いますけどね。
何でもそうかもしれませんが、時計の技術もまた戦争と共に発展してきたような感じですし。。

僕もベレGよりも当時の日産車の方がダントツカッコイイと思います。
でも皆乗ってるじゃないですか…曲がり者(皆右へ進むのならば俺は左へ行くぜ的な)にとっては面白くないのです。
今となっては純正部品が無くて大変ですけどね(笑)純正に拘らなければ大丈夫ですが。

ベレGは見た目は駄目ですが足回りやステアリングなどは当時としては最先端を突っ走っていた車だと思います。
買ってから知りましたが私の祖父は若い頃ヒルマンミックス→フローリアン→ベレットと乗り継いだそうなのでやっぱ血は争えん・・・ですね。
ベレGは祖父の家に停めていますが、祖父(または親父)に勝手どっかに乗っていかれないようにナンバーも切ったようなものです(笑)

そうですね。夏は夜しか運転できませんね。ましてや天井も床もバルクヘッドも鉄板1枚になってるので灼熱地獄です。ブローバイの匂いが体臭みたいな人間には構いませんが、普通の人は1時間も走ればモドシますね(笑)
個人的にはエアコン有無よりもパワステ付けてついでにハンドルを少し寝かせれたらもっと快適に使えるのにと思います。

満太郎さんとこうやってコメントを書き合ったのはダックスの時からですからよく考えればもう10年前なのですね。
最近の事のように思ってましたが時の立つのは速いものです。時は経っても金にはならないもので・・・(笑)

No title

おー!ヒルマンミンクス!懐かしいなぁ。小学校低学年までは良く見かけたなぁ。
おじいさん、イズジスト(とでも言うのかな?スバリストのように)なんですね~。
ただ当時のヒルマンやフローリアンは結構高い部類やったんで、おじいさん余裕があったんですね。
車が家にあること自体セレブな時代で、世間一般の家庭では必死で買った車がキャロル、スバル360、マツダ360クーペ、パブリカ800なんて時代でしたんでね。

ベレットや117のX・・何やったっけな?「手造り」ってやつ。
共通するのが「角が丸い」。このビミョ~なRが日本人デザイナーと外国人デザイナーの感性の違いかな?
だいたい過去カッコエエと言われた車は殆どが外国人デザイナー。
別の意味でサバンナRX-3、フェアレディ240ZG、ハコスカなんかのシャコタン、オーバーフェンダーはカjッコ良かったけどねw

スズキの軽四でフロンテクーペ(スーパーカーみたいなやつ)も当時斬新なデザインだった。
安全面など無視してアルミボディにして当時のGT380のエンジン積んだらオモロイ車になったやろな~。
今では忘れ去られた2スト360の軽四。ワンオフでチャンバー作って「パァーン、パンパンパン」・・・オモロイやろな~w


No title

まいどです。
祖父の家は昔自営業(町工場)をしていたのですが、当時羽振りが良い時代もあったんでしょうかね。
自分の工場が終わってから他の工場へ夜勤をしにいくくらい大変だったと聞いてますが。。
外車ですか?と声を掛けられるのが嬉しかったと言ってましたが。車の維持に大変だったのかな?今は畑へ行く時に使う軽トラのみです(笑)

117クーペ(僕も詳しく知らないのですがHM、ハンドメイド)のはあの有名な外国人がデザインしたんですよね。リアのクーペラインやドアの膨らみ(厚み)は今でも通用する美しいデザインだと思います。当時で300万超えていた?のでいまじゃ1千万近い?車になるのでしょうか?ただシャーシがフローリアンなのでスポーツカーとは呼べないかもしれません。
ベレットは日本人がデザインしたのですかね?当時のアルファロメオを真似て、リアのカタチなどは良いデザインだと思いますがフロントはやっぱイタリア人じゃなく日本人な凹凸の少ないノペっとした顔してますね(笑)もっと車重が軽けりゃいいとこまで行ったと思うのですがね。

2スト軽いいですね。2輪から4輪へチャレンジした当時のエンジンなんてサンパチと大きく変わらなような気もしますが(笑)ホンダの360や600なんかもCBのエンジンっぽいですし?そう考えればやっぱ日本車も良いものですね。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。