スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい卵を買った後はカルボナーラ

新鮮な卵じゃなきゃできないパスタですよね。
carubo
ベーコンは薄切りより厚切りの方が美味い。近所のスーパーには超薄いかブロックしか売って無いのでブロックを買って半冷凍状態で全部カットし1人前ずつラップに包んで冷凍しておくといつでも使える。

大きい鍋にお湯たっぷり沸かし塩手のひら盛り投入。スパゲティー投入。
フライパンにオリーブオイルをひき、ベーコンを強火でカリカリに焼き、ニンニクのみじん切り少々(ペペロンチーノの半分弱くらい、これでコクがより出る)投入、強火なのでニンニクの色がすぐに変わってくるので焦げる前にスパゲティーの茹で汁を投入(これパスタの基本ですがニンニクが焦げると苦くなるので失敗、茹で汁を入れるともう焦げない)、茹で汁を多めに入れてかき混ぜる(ベーコンとニンニクの最高のソースが出来あがる)、少々グツグツ煮ながらペペロンチーノよりも少し汁気が多い位で火を止めフライパンを少し冷ます。
(ここでスパゲティーの硬さをみてゆで具合を確認しとく)
ここままじゃただのペペロンチーノなので、別の容器に全卵1個(1人前)、粉チーズ(何のチーズか分からないけど…多分パルメザン)を好みの量で投入(黄身の大きさよりも気持ち多いくらい)、粗引き黒胡椒を好みの量で投入(粗引きじゃなきゃカルボナーラにはならない)、そしてかき混ぜる(粉チーズが混ざりにくかったらスパゲティーの茹で汁を少し入れてもOK)
スパゲティーが茹であがったらフライパンへ投入。ソースと良く絡めた後、すかさず卵のソースも投入、すかさず良くかき混ぜる、フライパンが冷め過ぎているとなかなか卵が固まってこないので火を付け一瞬火に掛けたりしながら良い感じの硬さになるように慎重にかき混ぜる(フライパンが熱過ぎると卵のソースを入れた途端に卵焼きができてダマダマになってしまう、かといってさらさらの卵ソースも駄目)。
塩気が足りなければ更に持ったあと粉チーズを振ればよし、黒胡椒をもう一度振るとレストランに出てきそうな見た目になる。
日本のレストランに出てくるのは卵黄+生クリームでもっと上品でコクがあるかもしれませんがイタリアの家庭では全卵を使ってクリームは入れないらしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。