スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささいで大切?

タコ足ちゃんがまだ届きませんので動きません。
ヘッドを外しだしたのが6月9日ですからそろそろ3ヶ月もウマに載っていますね?...
といっても実はできることはまだあって
前からずーっと気になっていたラジエータの下の隙間
シュラウド

ご覧のように隙間があります。
これでは前からくる風がラジエータに当たらずに下を抜ける部分があり損をします。
また、押し込み型のファンもぜんぜん意味のないところがありますね。
なぜ電動ファンかは買った時から電動ファンだったので。。
元々付いていたやつは厚くて小さかったので前に最近の薄くて大きいやつに換えました。
そんなことはさておきココに1mmのアルミ板でフタをしました。
1mmのアルミ板はホームセンターで売っていますよね。
金バサミで楽チンに切れますし。強めにけがいて曲げれば綺麗に曲がります。
それで穴を開けても車体の強度に問題のないところで穴を開けリベットで固定しました。
アルミ色ではブサイクなので黒く塗ります。
シュラウド2

こんなもの塗料が乾く時間を省けば20分くらいですね。
塗料は近所のコーナンで売っていたシャーシブラック(700円台)です。
これが乾くのは早いし艶も良く出るししかも安いしシャーシだけに塗るのはもったいないくらいですね。
防錆効果の部分ではノックスドールなどに劣るのかもしれませんが私の場合プライマー代わりに下地にテロソンの必殺錆封じを塗るので問題ないのかもしれません。
まあ今回アルミなので本当にプライマー代わりですけどね。。
シャーシブラック

左のは何でしょう?
まだないしょ!(大したものでなし...)
電動ファンは何故押し込みかというとベレGはエンジンとラジエータの隙間が50mmちょっとしかありません...ですので引き込みじゃなくて押し込みです。
電動ファンとラジエターの間に見えるのはAT用のラジエターですね。
エンジンオイルのオイルクーラーとして流用しています。
元々買ったときから大きなオイルクーラーが付いていたのですがそのおかげで電動ファンが小さくなってしまいます。
私は完全街乗り仕様ですから電動ファンを重視。
でも油温センサーの取り出しがオイルフィルターでサンドイッチするブロックからですのでオイルラインをUターンさせいたのですがもったいないので今回付けてみました。
外からは目立たなくてしかも渋滞時の水温上昇に伴う油温上昇を抑えるのが目的です。
AT用のオイルクーラーはパイプに放熱用のフィンが付いているもので油圧が下がりにくいという点では旧車には良いと思います。
普通のオイルクーラーに比べれば放熱力は劣りますがそんなに無茶しなければ問題なしでしょ(?)
まあキノクニに行ったらセールしてたのでつい。。
試すころには寒くて邪魔だったりして(爆)
ちなみにラジエータは去年リビルト済みです。
銅2層です。3層にしたかったのですがノーマルタンクではこれが限界だと言われました。

そうそう以前にやっていた助手席側のドア落ちですが内側のリベットを打ちまくった鉄板にリベットの凸凹が目立たないように厚塗りパテを塗って
元々フェイクレザーが貼ってあったのですが剥がしたのがあまりに惨めなので取り敢えずまたまたシャーシブラックを塗ってウエザーストリップを付けてステップを付けました。
内装はまたの機会ですね。見た目が良くても走らなきゃ意味ないですからね。
フロア

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アルミの導風板は効果高そうですね!
うちでも1mm板は重宝しています(^^)

shibaさん、コメントありがとうございます。
明らかに損していましたからね。。
電動ファンやらオイルクーラーやら電気食ってスペース減らして車重増やしてお金使ってすることよりもよっぽど賢い熱対策かもしれませんね。
土地柄やっぱり渋滞対策は必要ですが。。
でもキャブセッティングと同じでどれだけいい物付けてもそれを最大限に活かせるかが問題なのですよね。まだまだです。。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。