スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a hobby common to us

もう大昔のような気がする・・10代の頃初めて買ったダックスで色々とお世話になったそのさんの
HPを久々に覗いてみると箱スカに乗っている!?
という訳で勝手にリンクさせていただきます・・
a hobby common to us
私もベレGに乗る前は30Zがずっと欲しかった(ダックスに乗る前から)
しかし、今となっては6発なんて・・・キャブ3つなんて・・・って思ってしまいます。。
BBSに訪れる人まで相変わらず(笑)
皆さん相変わらずにやってらっしゃるようでほっとしました。
daxperience2
そのさんの前のHPに載せていただいていた私のダックスです。
旧タケガワのSPクラッチが良いですね。
ヘッドはデイトナですね。
排気量はあえて88ではなく85ですね(スリープの厚みの問題)。
ミッションはダックスとモンキーRを組み合わせてなんちゃってクロス4速ですね。
コンロッドは自分でシコシコ磨きましたね。
フライホイールは自分で旋盤回して軽量化しましたっけ。
ポイントの進角プレートは旧タケガワの猛烈に速いやつですね。
キャブは確か三国のPE28ですね。
マフラーはレガスピードの直管ですね。
スイングアームはヤマハの何かの奴でしたっけ。
フロントはDIOZXの足回りを移植しましたね。
バックステップはRZ用の社外品ですね。
タンクはなぜかR&Pを載せてましたね。
12V化の為に発電コイルを巻きなおしてダイオードでバッテリーレスしてましたね。
しかし、1万回転を超えるとバルブ類が全て切れましたね。
そして1.5万回転を超えるとオイルがヘッドのボーバイホースから全部吹き出し慌ててオイルキャッチタンクを付けましたね。
そして1.6万回転120km/hでライバルのRZ50改をぶちかましました。
午前0時頃によく出来たばかりの宝塚五月大のトンネルでよくストリートドラッグをやりました。

今となっては懐かしいバカな思い出です。
そして今も相変わらずバカな妄想を続けております。何にも変わりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

失礼!

キャブはVM26でした。(どおでもいいって?)
ヘッドは不人気だったデイトナのオーバルポートですね。
確かCD90用のフラットピストン用でレギュラーヘッド用の凸ピストンを使用していたのでとんでもない圧縮だったと思います。
カムはデイトナ、ベアリング付きがありがたかった。
バルブは小さめだったけどステム径が細くてとても軽いバルブでした。
よく覚えているもんです。

懐かしさがよみがえる・・・

スイングアームやフロントフォーク、バックステップは他社流用ですが
すべて大加工を経て取り付けられています。
ダックスに関しては1度もショップに持っていかず、全て田舎の工場で1人で加工しました。
エンジンも凸ピストンの肩部に合うように燃焼室の小さいヘッドのスキッシュエリアにRを付けてピストンを逃がしつつ燃焼効率アップを図りました。
1.6万回転、120km/hはタコメーターは武川のカムから直接取る機械式、スピードメーターはデイトナのフルスケールだったと思いますが、タイヤ直径もディオの適正サイズだったので誤差も少ないはずです。
自分で言うのも変ですが10代の方が今よりよっぽどさえてたかもしれませんね。。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。