スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだデスビ・・・

前回のアクエリ預けの時に途中エンジンストップした原因として
MARUさんのコメントの通りローターを社長さんとチェックしましたが今のところ問題なしでした。
それよりもデスビ自体のガタが大き過ぎ。。。
シャフトのシムが減りエンジンを吹かすタビにローターがガタガタと前後に動きます。

シムは耐摩耗性に優れた材質と熱処理が施されたものですので単純にその辺のワッシャーを足してもすぐに磨耗していまいます。
そこで以前にガバナのバネの部品取りに貰ったジェミニのシングルカム用のデスビを引っ張りだし同時にバラしてシムを回収することにしました。
desubi41
デスビはギア側のピンを打ち抜くことでバラせます。
私は専用工具は持っていないので3.2mmのドリルの刃じゃない方をピンに当てハンマーでバッシっと抜きました。
部品取りの方はなかなか抜けなくて要らないのでドリルで貫通させました。

回収したシムを砥石でシム調整し
desubi42
組み付け、抜いたピンを打ち直して完成。
結果、ガタなし、回転スムーズを手に入れました♪

次はガバナ
desubi43
この長穴で進角幅が決定しますが。
ガバナの構造上、左右同じだけしか進角できないのになぜ左右の長穴の大きさが違うのか意味不明です。
おかげで短いほうの穴が変磨耗してきています。
長い方の穴はアイドリング時、全開時、両方で穴に余裕があるのでその分ガタつきます。

意味不明なのは削除!
desubi45
溶接して穴を埋めて、ヤスリで成型しました。
内側はペーパーで仕上げてできるだけ粗さを抑えました。

desubi46
これで左右同じだけ振り子が動きます。

これでどういう進角、吹け上がりをするかは動かしてみてのお楽しみ。
細かいところは動かしてみて調整します。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。