スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショック取り付け

昨日戻ってきたベレGですが、ガレージ引きこもりスタートです。
早速ジャッキアップ。。。
ショックを交換してみます。
折角、お店でロアアームを交換し、アライメントまでやってもらったのに(汗)
ウマを掛けてタイヤを外してみると
こんなところにカマキリの卵が。。。
lowerR5
長い間、車屋に居たことを物語っております。
カマキリさんゴメン...外します。
普通はロアアームの下の穴から外せるのですがコニーよりも太いので
下穴をもっと大きくするか悩みましたが、自らロアアームの強度を下げるようなことは辞めようと思いバネと一緒に取り付けることにしました。
ちなみに減衰はフロント4、リア3の調整にしました。

まずはリア
lowerR6
バネを外すには横渡しのリーフを外しロアアームをぶら?んと垂らさないといけません。
バネが遊ぶか遊ばないかギリギリの長さなのでスプリングコンプレッサーなしで外すことができます。
画像のようにバネとショックを一緒に上から載せて組んでいきます。
lowerR7
リーフがかなりテンションがあるので取り付けは超面倒くさいです。これはベレG乗りにしか分からない苦労ですね。
リーフのブッシュは自作。このブッシュの厚さである程度車高、効きを調整することができます。

次はフロント
lowerR8
スタビを外してハブとロアアームの固定ボルトを外してロアアームをぶら?んとさせてリアと同じように組みます。
これまた遊ぶか遊ばないかのバネなので楽です。
ローターが重いので下がってこないように手で持っているにが疲れました。

ショックを交換している間、エンジンオイルを抜いていて交換しました。
サーモ付きのオイルブロック・・・
走行中はとても良いのですがオイル交換時はサーモが閉じているのでオイルクーラー側のオイルは全く降りてきません。
サーモが開くまで暖気すると熱くて無理だし、いちいちフィッテングを外してフィッテングを痛めるのも嫌だし。
まあえっかぁ?とオイルクーラーに溜まったオイルはそのままにしました。

13時位から初めて、前なら夜遅くまで頑張ってたのですが、最近ダメ。。
19時になりお腹が空いてきたのでこれにて終了。

なかなか良い結果にならない点火。
desubi40
腹立つので上死点を出して、またデスビを抜いて家に帰りました。
テレビを見ながらじっくり眺めることにします。

明日は仕事。なかったらBMSC走行会に行っているのに・・・
ちくしょー

あ゛ー腰が痛い・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。