スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OERその3

ようやくインシュレーターも届き組み付けです。
その前にインシューレーターを2枚重ねにするわけですから
2次エアー進入を防ぐため2枚を瞬間で留めておきます。
瞬間の耐ガソリン性には疑問なところですが秘密の強力接着剤なので大丈夫でしょう。。
折角2重になって分厚くなるわけですから40mm用を買って削りテーパーをなだらかにすることにしました。
oer30

ばっちし流動性よさそうです。
ガスケットも40mm用×2、45mm用×2も購入しました。
しかしインシュレーターは妙に高い。。。

ついでにポンプノズル#50を買いました。
oer31

もともと#50が付いているものだと思ったら#35でした。
パーツクリーナーのノズルに取り付けて噴射テストしたところあまりにもしょぼく絶対セッティング出ないと思ったので動かす前に#50を買いました。
OERのポンプノズルの基準は#45で±5のようです。
ポンプノズルはメイン系のジェットに比べて軽視しがちですがアクセルの踏み始めの力強さ、レスポンスには大きなポイントであってレーシングキャブレターと言われるものにはとても重要な部品です。
加速ポンプはその構造からポンプの押し出し調整が一定であれば一度に噴射する量は同じ。
穴の大きな番数の大きい方が瞬間的に出る量は多いが出ている時間は番数の小さいものよりも短いです。
加速ポンプはアクセルをグッと踏んだ瞬間燃料が足りない分を補うために噴射する役目を果たすものですから理想はアクセルをグッと踏んだ瞬間ドバっと出てメイン系が効きだすとスパッと噴射を辞めるこですよね。
OERの大きな特徴にポンプのピストンのストローク(つまりは一度に噴射する量つまりは噴射時間)を簡単自由に調整できるわけですからそれを大いに活かす手はないわけです。
しかもポンプの構造から全閉から1/3程度(調整量により変化する)しか作動しないため不足分を補うという本来の機能のみを行う部品です。
つまりは小さな番数でいつまでもちょびちょび出すのではなく大きな番数で一揆にドバっと出してピタッと留めるのが目標。

ポンプノズルは一個630円します。4気筒だと4個いります。
しかしこんな小さな部品を精度良く仕上げる技術ってスゴイですね。
oer34

そう思えば安いかな?

どうでもいいことはこのくらいにして取り付け
まずはインシュレーターを確認
oer32

段つきなしOK

キャブと取り付けるとまだ少しキャブが当たる。
固定用ナットを確実に締めるはこれ以上インシュレーターを厚くできないのでキャブを削ったれー
oer33

取り付けるとなんとかかわしました。
oer35

2mm程度の隙間を確保(ヘッドカバー外すの面倒そー)

2次エアーを吸わないように丁寧に締めつけ取り付け完了。
oer36


キーを回し燃料ポンプを作動させていざセルON!
おお!一発でエンジン始動!!同調がとれていないためエンジンは揺れに揺れてる。
ここで時間を掛けると被ったりストールしてエンジンが止まってしまうのですかさず同調とりに進みます。
同調用の道具はおなじみフローメーターと油面計
oer37

同調とは簡単には4気筒とも同じ条件にすると言うことですよね。
燃焼には空気とガソリンを混合して使用する訳ですからまずはその混合比を同じにしないとはじまらないわけです。

エンジンがかかるとすかさずフローメーターで2、3気筒の空気の吸い込み量をチェック
oer39

キャブを交換したては当然狂っているので2,3気筒を同じになるように2つのキャブのバラフライの角度(開閉度)を調整するネジを回す。
oer40

合ってくるとエンジンの振動は小さくなり落ち着きます。
その後1と2、3と4を測って違いがあれば2次エアー吸い込みやバタフライシャフトの歪み、圧縮低下などのエンジンの不具合が予想されます。ほんの少しの差は無視。。(←もちろん暖気後)

パイロットスクリューはOERの基準は全締めから2回転±180°戻し基本は一番回転数の高いところにするのかな?締めオーバーで回転数が上がればパイロットジェットが少し濃い、戻しオーバーで回転数が上がればパイロットジェットが少し薄い、普通は少し戻し気味(パイロット薄い気味)の方がポンプやメインの繋がりが良くて調子良いのかな?
個人的にはパイロットスクリューの調整は苦手です。今回スクリューは新品だしキャブの状態が良いので簡単に合いました(合ったと思う)。

しばらくアイドリングさせてからエンジンを切ってジェットブロックを外し油面計を差し込み
oer38

エンジンを始動させて少しアイドリングをさせてから抜き取り油面を確認します。
oer39

撮影中に油面が変化していまった。。(すぐに読み取りましょう)

ここで取り敢えず同調は完了かな?
もう遅くなったのでバンバンエンジン吹かすと迷惑なので今日は終わり。
明日、もう一度確認して実走セッティングに進む予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。