スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーエンドな映画

ハッピーっていったい何なのでしょう?そんなもの人それぞれ?
ハッピーエンドの映画を見て感動できる人はきっと今ハッピーな人なのだと思いますが、ハッピーというものが映画のようなことを言うのであれば私はこれまでの人生でそれを思ったことは無いでしょうし今後も死ぬまでないかもしれませんね。
毎年末に日本に帰った時に適当に映画を10枚借りて焼いて持って来るのが習慣です。基本、邦画です。
先週、今週と日曜に
ぐるりのこと。
ソラニン
を観ました。ハッピーエンドの映画はたいがい途中で観るのを辞めてしましますがこれは観切りました(笑)
映画館なんて正直10年以上行っていないような人間なので、別に他人にどう思われようと構いませんが(爆)

観終わってふと外を見上げるとちょうど日が地平線に沈み目の前にオリオン座が輝いています。
orion
そんな空を見上げながら一服。妙な虚しさを感じます。
なんだかんだいってちゃっかり映画に観賞しているのかもしれませんね(笑)

(これお勧めですよ!てな映画があれば教えてください、覚えておきますので)

さあまた一週間、どうであれ精一杯毎日を頑張らないと!
スポンサーサイト

キムチ!

どーでもいい記事が続きますが・・・旬?の白菜を使いキムチを作りました。
ポーランドの白菜は美味いです。水水し過ぎて水気が出過ぎです。デジカメを会社に置きっ放しにしているのでケータイで撮りましたが今使っているNokiaケータイのカメラの性能が悪過ぎです・・・
kimuchi マズそーー・・・
白菜1本(?)を適当に切ってザルの中でひたすら綺麗に洗う、その後塩を適当にぶっ掛けて塩もみ、そのまま1時間くらい放置してシャキシャキ感が残る程度に漬けもの状態にする、そして再び塩気を抜く為に綺麗に洗い、絞って水気を取る(←これがPolski白菜には少し甘かった)、そして登場、日本から持って来た
kimuni エバラのキムチのもと・・・(笑)
刺激的な辛さを求めて赤唐辛子投入、日本人なのでカツオ節投入、ジップロックに入れて1晩冷蔵庫へ、次の日冷蔵庫を開けると「臭っ…」 味見 「辛っ…」(唐辛子入れ過ぎ)その日の晩はキムチチャーハン「美味い!」目に涙を浮かべながら(それは辛いからではない!)そしてビールを飲む「美味い!」かなりの量が残っているので次の日もう一人の日本人(社内の日本人率0.4%)に尋ねると是非欲しいとのことでおすそ分け、日本のスーパーで一番安いキムチ程度のものに喜びを感じる今日この頃でありました・・・(爆)

晴天なり

plant
日本では関西でも雪が降っているようですね。こちらはこの季節にしては珍しく晴天続きです。
雪もほとんどなく地面が見えてます。気温は?10℃くらい(笑)
この週末に少しは歩こうと建屋の外周をグルっとウォーキングしました。乾燥した空気が気持ち良いです。
でも最近買った皮靴の慣らしも兼ねたのですがどうも足に合ってないような…ほんと足痛い(爆)

と年がら年中この何の変哲もない箱の周辺で過ごしています。今の自分にはこの中はワンダーランドなんですけどね(笑)

そうそう今日はバレンタインデーなんですよね。関係ある人もない人もちょっと特別な日?私は手帳を見てちゃんと気付きましたよ(笑)
以前に紹介した上を向いて歩こうを流暢に歌うアーティストより

どう?特別な日になりました? まぁ良いじゃないですかたまには(笑)

うちのおっちゃん

うちのおっちゃんって自分の親父の事ですが、ふと思い出したこと…
正月に実家で親父の勤めている会社の社報をたまたま見てるとうちの親父がピースをして載っているのを見付け
読んでみると岡山国際サーキットで毎年夏に行われている自転車レースの10時間耐久のソロのレースで優勝したみたなことが書いてありました。

親父は多分60歳くらい(なぜ正確に知らないという質問は無しで…)今も電気関係の技術職で毎日会社にロードバイク(チャリ)で行ってますが(今は駅まで)35年以上チャリ通をやっていることになります。その経験を活かして数年前からこの耐久レースに出ています。それまではマラソン大会ばかり出てましたが。

真夜中を10時間、サーキットをグルグル回って気違いチャンピョンだろと親父には言いましたが、自転車で岡山国際を毎年10時間走ってるってことはコースの路面、傾斜、コーナーの走行ラインなど隅々まで知っているかも?・・・
元六甲ローリング、幼い頃はスバル・レオーネで散々六甲山へ連れて行かされた(吐き気とスキール音だけ記憶にある)はこれは車で走ってもらうとエエかも?ベレG貸してみようかなぁ(その代わり新エンジン作製コスト半分くらい負担してけろ、笑)

同じく正月に「ベレGそろそろどっかへ動かしてくれへん?あそこでヨット作りたいねんけど」と言われました。
そいうえば社報にはこれは1つのトレーニングに過ぎない…みたいな訳の分からんことが書いていましたが親父は1等航海士の免許を持っているのでどこまででも遠洋できるのか?…これは自作ヨットで世界一周でも本気でたくらんでいるのか・・・まあやりたけりゃ誰も止めはしないけども。

特許庁のHPで名前で検索すると沢山出てくるも売れない技術屋ですがいくつになってもそのチャレンジ精神は尽きない(気違い)親父の姿はやっぱ凄いなぁと自分の親ながら尊敬します。

ふと独り言で書きました(ただネタがないのです…)。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。