スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆はユージーンへ

お盆はクソ暑いセミの煩い日本へは帰らず今年はアメリカ・ユージーンを住む友人を訪ねる事に決定。
チケットもようやく予約しました。若干高いが時間は金に買えない精神で(そんなにエコノミーな椅子に座ってられるか!というのが正直なところ…)アムステルダム(オランダ)経由の最短飛行の13時間のチケットに決定。

アメリカ、一度は言ってみたかったですね。斎藤和義のこの曲のそのまま、アメリカに興味をもったのはいつだったか忘れたけど年末の深夜で観た「EASY RIDER」。流れる音楽とハーレーに衝撃を受けました。
それからアメリカのルーツロックばかり聞きカスタムハーレーの絵ばかり黒板やノートに書いてましたね。
アメリカでどこで何をするなど何も決めてませんが、とにかくアメリカの大地を走りたい。ただそれだけが今確かなことです。

沢山写真を撮ってこのブログに載せれたらと思っています。

斎藤和義は良いですね。現行の歌手で一番好きかもしれません。この決して男前とは言えない普通のどこにでも居る男の発する普通の声で歌う日常の出来事を歌詞にした曲がとても共感が湧きます。
中でもこのアメリカという曲が入ったアルバム「青春ブルース」はオリジナルアルバムで一番のお勧めです。

アメリカに住むその小、中学同じ学校の友人は4月に結婚したらしく今、お嫁さんとアメリカに住んでいます。なんだかステキですね。
ちょうど私はそういう年齢ですからね。地元の友人、会社の同期でもよく結婚したと聞きます。
私は3人兄弟の真ん中、小さな家の慌ただしい日々から就職して会社の寮で住むようになりやっと自由になれたと思ってから結構経ちますがいまだにその自分勝手で孤独な自由が心地よく感じております(笑)
束縛されることが有難く思えるまで孤独に生きなければならないとおもってますけどね。

せっかくなので斎藤和義の曲で誰もが知るこの曲。アメリカに住む友人のお祝いを込めて。このPVは自分でもグッとくるものがあります。

これを見てグッときた人は今日帰ったら恋人や嫁さんに好きです、いつもありがとうといってあげましょう。
スポンサーサイト

新しい卵を買った後はカルボナーラ

新鮮な卵じゃなきゃできないパスタですよね。
carubo
ベーコンは薄切りより厚切りの方が美味い。近所のスーパーには超薄いかブロックしか売って無いのでブロックを買って半冷凍状態で全部カットし1人前ずつラップに包んで冷凍しておくといつでも使える。

大きい鍋にお湯たっぷり沸かし塩手のひら盛り投入。スパゲティー投入。
フライパンにオリーブオイルをひき、ベーコンを強火でカリカリに焼き、ニンニクのみじん切り少々(ペペロンチーノの半分弱くらい、これでコクがより出る)投入、強火なのでニンニクの色がすぐに変わってくるので焦げる前にスパゲティーの茹で汁を投入(これパスタの基本ですがニンニクが焦げると苦くなるので失敗、茹で汁を入れるともう焦げない)、茹で汁を多めに入れてかき混ぜる(ベーコンとニンニクの最高のソースが出来あがる)、少々グツグツ煮ながらペペロンチーノよりも少し汁気が多い位で火を止めフライパンを少し冷ます。
(ここでスパゲティーの硬さをみてゆで具合を確認しとく)
ここままじゃただのペペロンチーノなので、別の容器に全卵1個(1人前)、粉チーズ(何のチーズか分からないけど…多分パルメザン)を好みの量で投入(黄身の大きさよりも気持ち多いくらい)、粗引き黒胡椒を好みの量で投入(粗引きじゃなきゃカルボナーラにはならない)、そしてかき混ぜる(粉チーズが混ざりにくかったらスパゲティーの茹で汁を少し入れてもOK)
スパゲティーが茹であがったらフライパンへ投入。ソースと良く絡めた後、すかさず卵のソースも投入、すかさず良くかき混ぜる、フライパンが冷め過ぎているとなかなか卵が固まってこないので火を付け一瞬火に掛けたりしながら良い感じの硬さになるように慎重にかき混ぜる(フライパンが熱過ぎると卵のソースを入れた途端に卵焼きができてダマダマになってしまう、かといってさらさらの卵ソースも駄目)。
塩気が足りなければ更に持ったあと粉チーズを振ればよし、黒胡椒をもう一度振るとレストランに出てきそうな見た目になる。
日本のレストランに出てくるのは卵黄+生クリームでもっと上品でコクがあるかもしれませんがイタリアの家庭では全卵を使ってクリームは入れないらしいです。

Uコン!


そもそもUコンって何?という若者には分かってもらわなくて結構(笑)お前が言うな?
このグローエンジンの音、そしてスピード、今頃こんなの近所の公園で飛ばしていたら苦情がくるでしょうね。超危ないし。

小学生の頃、二宮康明の「良く飛ぶ飛行機集」にハマり(それが何?という若者はどうぞお調べください、近くの大型本屋または「ホワイトウイングス」が東急ハンズなどで売っていると思います。「子供の科学」の付録は今は何だろう…)全国紙飛行機大会にも出場しましたね。毎日新聞のトップに顔が載ったこともありますよ(笑)
普通の折り紙飛行機では無いですが風と上昇気流を捉えて紙飛行機がこんなに飛ぶの?!と驚くでしょう(まあそう簡単には良く飛びませんが)。
今でも折り紙飛行機でも折って飛ばせたら一般人には負けませんよ(笑)

その頃の紙飛行機仲間とUコンで一時期盛り上がり、田舎の倉庫に転がる雑誌やUコンエンジンを互いに交換し合っては眺めていましたね。その後、いつかは忘れましたが親父の田舎にあった状態の良いFUJIエンジン(詳しい型番は忘れました)で一台飛行機を作ったのですが飛ばさないまま今でも実家のどこかにあるはず。重くてあまり飛びそうにないですがいつか飛ばしてみたいですね。

「青い空見よう」それが第一回全国紙飛行機大会のテーマだったと記憶していますが、貴方は最近空を眺めたりしますか?昼間の青と白い雲の空、夜の星と月の空、たまには見上げてみてはいかがでしょう♪


ちなみに紙飛行機を飛ばしていると午前と午後の風の違いに気が付きますよ(爆)

カップヌードルカレーになるよ(笑)

知ってましたか?コンソメ味のポーランド製カップ麺に同封のコンソメスープの粉、そしてバーモントカレーの固形1ブロック(板チョコみたく割って分けられる最小量)を投入しお湯を入れて3分
cupn1
カップヌードルカレーの味に大変身♪
少しスパイシー感にかけるのでポーランドでも売っているカレー粉を適当に加えればまさに!
あの美味しくない乾燥ジャガイモが入っていないのが少し寂しいですが、ちゃんとかき混ぜないと塊が底に残るのもまさに!!(笑)
cupn2
ケータイのカメラなので画像が最悪ですが実はアジノモト・ポーランド製、麺は流石日系パワーを感じる!

これを晩飯にビール4本(2L)は飲めるぜ!!
製造工程の合理化、工程削減、時間短縮、製造原価低減、損益分岐点低下・・・そんな事ばかり日々考えていると自分自身のライフ時間短縮化が何より効率よく進むぜ!!!(爆)

と素晴らしき私生活の風景を捉えてみました(笑)

ポーランドの道

週末にルブリン(私が住むところの県庁所在地)のショッピングモールへちょっとした買い物へ行く道中の
なんでもないだたの道の紹介・・・
lublin2
lublin3
まっすぐひたすら地平線へ伸びる道を走るのみ・・・
lublin4
流石、県庁所在地の道は3車線。すかすかですけど・・・
lublin5
っと目的のショッピングモールへ・・・
ここにはちゃんと寿司バーがある(中華料理屋もあるが食べたことなし)。いつものごとく寿司ではなくTRITERIYAKI(定食)を食べた。ここにはアサヒ・スーパードライもあるが販売元アサヒUK、製造はチェコの会社と良く分からない。もはやポーランドビールの方が美味いと思う。
lublin6
駐車場に可愛い初期型126発見・・・
ホイールはいただけないが左右バケットシートでなかなかお洒落。少しフェンダー叩きだしてるし。
低い126をまじまじと見たのは初めてでしたがよりコンパクト感が増して良い雰囲気をかもしだしてました。

となんの内容もない記事のおわり。

暑い夏の夜はブルースで



お盆休みはクソ暑い日本には帰らずアメリカ・オレゴン州ユージーンに住む友人を訪ねる計画を立てています。自身アメリカ初上陸。
シアトルも近くシアトルといえばイチロー(残念ながらお盆はよそへ遠征中…)ですがジミヘンドリックスの生まれ故郷。
同じ左利きとしてこの天才に少しでも近づけるよう墓参りに行きたいですね(笑)
ポーランドからユージーンの最寄りのポートランド国際空港へ行くには
1.KLM:ワルシャワ→アムステルダム→ニューヨーク→ポートランド(所要時間約17-18時間)
2.エールフランス:ワルシャワ→パリ→ソルトレイク→ポートランド(所要時間約16-17時間)
3.ルフトハンザ:ワルシャワ→フランクフルト→シアトル(又はサンフランシスコ又はシカゴ)→ポートランド(所要時間約16-17時間)
と大方こうなる。3回の乗り換えは初体験。なんと不便な…(アメリカの航空会社は使用経験もなく高いので削除)
上記の順はチケットの安い順。アメリカ国内線はアメリカの航空会社へ乗り換え。それでも総額で下手すればビジネスクラスで日本を往復できる金額。
こんな時に普段全然気にならない給料の安さに気が付くが(笑)金なんて上を見たらきりがないので気にしない気にしない。
KLMはアムステルダム→ポートランドの便も時々あるがかなり高い(なぜ?)、ニューヨークの空港で1時間位しかなく行ったことはないが世界的に見ても人の出入りが多い巨大空港でパスポートコントールやセキュリテーに並んで(エコノミーですから)国内線に乗り換える自身なし・・・
アムステルダム、パリ、フランクフルトはすべて経由した経験があるがフランクフルトが一番使っているので良い。それに個人的にはルフトハンザが一番機内食が美味しい。マイルが貯まる。
パリ経由は荷物がどっか別の国にいっちゃう可能性高い。でも全く知らないアメリカの空港で乗り換えるとすればソルトレイク空港がなんだか比較的小さく便利そう。
さてどうすべきか今回は現地給料でこつこつ(というか勝手に)溜まったPLNを使う予定なのでポーランドの航空会社に訪ねてみてもらうことにします。

最後にもう1曲名曲を。

東京ブルースに替え歌ですか?超レアですね。
やっぱりシングルコイルの切れ味抜群なストラトキャスターが一番いいですね。そしてメイプルネックがシンプルでカッコイイ!
しかし言っている事が半分位しか分からん…アメリカ人の米語、一番の不安材料かもしれませんね(笑)

ビーチ?

最近忙しい日々が続いておりますが先日の日曜日の午後に天気が良かったので近所のビーチ?に行きました。
beach
ケータイで撮ったのでこんなもんです・・・

私の住む所は海から遥か遠いのですが、実はこれ少し大きな池です(湖とは言えない…)。
家から自転車で20分くらいの所で存在には気付いていたのですがこんな人工砂浜があるとは今まで知りませんでした。
ちゃんと海の家ならぬ池の家…もあり私達は椅子に座って上半身裸でビールを飲んでは昼寝をし起きてはビールを飲みー…
4時間くらい日光浴を楽しんですっかり日焼けをしました。
ジリジリ暑い訳でもなく風が涼しくて気持ちが良かったです。

結構、目の保養もできましたしね(笑)
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。