スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

126p

おかんの頭の頭さんのブログでも紹介されていたFiat126ですが1973年からポーランドがライセンス権を取得し生産された物をその名の通り126pと言います。
126pアパート前より
この車はポーランドでは80年代で大ヒットを生み2000年まで生産された息の長い車で生産が終了する2000年頃には日本に若干輸出されたようですね。
そのお陰か未だに部品の調達が容易で基本構造が同じであるfiat500の日本のファンも安心して維持が出来るているようですね。

ちなみにPolskiFiatのPolskiとは英訳するとPolishという意味です。Polandはポーランド語でPolskaです。JapanはJaponia、JapaneaseはJaponskiと語尾が少し変化するだけですが実際はとても複雑でポーランド語はすごく難しいです(というか勉強もしてないけど…)毎日、一緒に仕事しているとだいたい何言ってるかは分かってきます。日本人の悪口言ってるのも実は分かっています(笑)まぁ言って気がすむならいくらでも言ってくれて良いですけどね。
ポーランドでのfiatブランド生産は共産圏時代から雇用を生み、工業国としての発展に大きく貢献したのでしょうね。今でもポーランドには自動車部品メーカーが沢山あり、fiatはもちろんPSAなど欧州大衆自動車メーカーの恩恵を受けているのは確実で私達の小さな会社もその一つです。
そんなPolskiFiat126pはポーランド人にとっては特別な思い入れのある車なのでしょうね。今でもポーランドでは沢山現役で走っています。

もし私がポーランドで個人的な車を買うとしたらFiat126pに決まっていてとても欲しいのですが、最初に問題になるのは自動車保険です。私は当然就労ビザを持ち、国際免許も毎年更新しているので自動車保険に加入することは可能だと思うのですが毎年更新のポーランド語の手紙が届いても訳分からんしその度に会社の人に手続きを手伝ってもらわないといけないのが個人的に仕事以外で迷惑をかけるのが嫌でなかなか踏み切れないところです。

ポーランドにも沢山の中古車サイトがあり部品の個人オークションサイトもあります。部品は山ほどあるみたいなので問題なさそう。時々アルフィンの大容量オイルパンなども見かけます。
もし自分で買うとしたらいつか日本に帰る時に連れて帰ることを前提にして70年代式の126pと決めています。
126ppp
70年代の物は、ポーランド国内での部品生産がまだ足りず沢山の部品をイタリアから運んできていた様で当然販売価格が高く世にあまり台数が出て無くポーランドでもコレクターズアイテムになっています。違いは良く分からないのですが各エンブレムが時代によって異なり、特にホイールがイタリアの純正?の様です。バンパーもメッキから黒塗り、樹脂へと変化していったようですが、このメッキがいつまでそうだったのかもまだ良く分かりません。。サイドミラーが右しか無いのも初期の大きな特徴のようですね。三角窓は80年代まで続いたようですがこれも大切です。排気量も初期は600ccでその後650ccとなり、最終的には700cc、水冷エンジンやディーゼルなんかもあったみたいです。
ポーランド人の一人の話では初期物はイグニッションキー(セル)が無くてエンジンのプライマリーにハンドルを差し込んで手で掛けていたようですが・・・70年代でまだそんなことあんの?って感じです。未確認。。

中古車サイトで数台見かけるのですがどこも住んでいるところから目茶苦茶遠くて相当気合い入れないといけない。。
価格も初期型でエンジンOH済み、内装オリジナルで車庫保管で錆の無い極上だとそれなりに買うぞ!と気合いの要る値です。まぁもし買ったとしたら車庫なんて無いから路駐ですけどね(爆)
取り敢えず周りのポーランド人に欲しいから探しといてとだけ言ったので近所で良いのが見つかるまでしばし待つとします。

ちなみにポーランドの126クラブサイト見てると結構濃いですね。リンクのリンクと辿っていくとハイカムもかなりの数が出ているようです。イケないアイデアがどんどん湧いてきます(笑)
ポーランドではKJSという草ラリー?(KJSの意味が良く分かりません…)が人気があるようです。

このエンジンの特徴である空冷エンジンを強制冷却するための大きなファンからの風をキャブにも通して過給気味にすることで非力なエンジンでトルクを上げようとしていますが、チューニングエンジンで高回転域を多様するようになれば逆に邪魔になりそうで、それならば大きいバイク用のキャブでも付けて風をエンジンの冷却に集中させるかファンを回す動力を殺して電導ファンにするなどいくらでも方法はあると思うのですが上の車のエンジンもオリジナルの方法を維持しています。(勝手に写真を拝借してゴメンナサイ…)
650A
でも見ての通りエアフィルターからキャブまでの管が大きくテーパー状に上手く改造されています。やっぱり過給効果は絶大なのでしょうか。
ちなみにこのエンジンはビッグバルブ化されているみたいですが是非ともお友達になりたいところです(笑)
ちなみにx2この車は個人売買サイトで約13万…で売られているものですが、これまた場所が遠い(涙)
それに中途半端に触られまくった車よりもオリジナルを維持した状態重視の車が一番良いのはベレGで経験済み(笑)

まあ良き出会いを期待して気長に待つことにしましょう。その前に詳しい人に保険の相談しないとね…最悪会社の名義にするか・・・

関係無い話ですが、最近このFC2のブログの更新時に極端にPCの動きが悪くなります。何故だかよく分かりませんが容量がそろそろ一杯なのでしょうかね(汗)
スポンサーサイト

洗車

土曜は退屈凌ぎに会社で307の洗車をしてました。
3077
私の手に渡ってからまともな洗車をしてなかったので1年以上振りになりますね。
大きな凹みやキズもないのでまるで別の車のように綺麗になりました。
先週、車検だったみたいですがエンジンのオイル漏れが酷いそう・・・とか言っときながら30分くらいで帰って来たってことは自己責任でなんとか走らせろってことなんでしょうね(爆)
3078
しかしそれよりもこのブレーキローターの減りをどうにかして欲しいところ。もうカジってるし・・・
欧州車のローターはほんとよく減るみたいですね。ホイールがすぐ真っ黒になるし。おかげでパットはなかなか減らないのでしょうか。でもこんだけレコード盤になってたらパットが残ってる残ってないとか関係ないし・・・
きっとパットもローターもフルードさえも新車当時から交換されてないんでしょうね。

ダンパーもヘタリ過ぎだし、KONIかビルシュタインか適当にバネセットの買ってローターやパットも買い集めて自分で交換しましょかね。ポーランドのWEBを見てたら全調整式とかも売ってるのですがついでに中古車サイトを見たらその値段で車買えるしアホらしいのであんまり余計な出費は掛けられないし・・でもこのド田舎での週末の退屈さを凌ぐ方法を考えないとストレス溜まり過ぎてどうにかなりそうです。

樹の海


なんだかとってもしんみりする映画ですけど
自分はまだ何にも分かってないと思いますが、人生って日々のほんの小さなほんとささいな喜び、心の動きを頼りに人は生きているものだとつくづく考えさせる映画です。
変な映画ばかり紹介していますが皆が見てるから自分も見とこみたいな有りもしないアクション映画よりもよっぽど感動します。
その心の動きこそが人にとって生きる頼りの1つだということを知ることでしょう。そして自分がいかに幸せかとも。

円高過ぎでしょ・・

GW頃から更なる円高が急速に進んでいるみたいですね(GW後にJPYが焦ったからそう見えるだけかもしれませんが)。
よく知らないのですが(いけない)7月くらいまで更にいく予測なのでしょうか?
/JPY
となると8月9月は並行輸入車がワンサカ入港するのでしょうか?お父さん!夏ボーナスの計画変更ですか?(笑)
最近、日本のWebを見ているとヨーロッパ車の旧車の販売が多いですよね。でも安いどころか高くなっていっている気がします。
輸入し過ぎて本国に良いのがなくなってきているのでしょうかね?本国で日本人向けに値を上げてるとも言えますが、並行輸入屋なんぼほど儲ける気やねん!って突っ込まなきゃなんないですね(笑)

PLN/JPYは誰も興味ないと思いますが・・散髪代の10zl(約300円)を約280円に修正しなくちゃいけなくなってきてますね(笑)
EUR/CNYは凄いですね。未だにヨーロッパ人はいまいち中国製に興味無い印象ですが…中国が忙しくて手がまわらないだけなのかアジア諸国にとられた商売が戻ってきている印象はあります。ギリシャや金融政策の弱い国じゃ凄い問題のようですがアメリカ、アジアに輸出が加速すれば良い感じのようにも思えますが。。日本は大変ですね。。。

Do you believe miracle?

今週もあっという間に過ぎ去ってしまいましたね。
毎日、日が昇れば働き帰ってはビールの飲み日がくれれば寝る。ビールと深い睡眠を楽しみに働く。まさに人間って感じですね。
その内気が付けば小金が溜まっていることを祈るのみ(笑)いつ死ぬかもいつ地球が滅びるかも知れず。人生初の貯金。出稼ぎともいう(笑)
今年に入ってまだ一度も散髪に行っていなかったので(時々自分では切っていたが)もう我慢が出来ず金曜に行きました。
いつもWebのヘアカットモデルをプリントアウトして持って行くんですがいつもこの人知らないと言われるので(俺も知るかい!)今回はポーランドのテレビ局のHPを色々見て適当にプリントアウトして持っていきました。
同じになる訳も無く、長さを説明するのが面倒なのでそこそこ同じ感じになればOK(顔は変わんないし)今回は彼は知ってる知ってるって満足げでした(笑)
いつも行くのは普通の家でgentlemanなおじさんがやってるとこです。若いネエちゃんがやってるとこも行ったことがあるのですがバリカンで適当過ぎるのでこのおじさんがベストです。
丁寧に切り揃えるのが最高の技術だと認識しておらえるのかこの辺でエエでっと思いつつピターっと切り揃えてくれます(汗)まぁ何でもええんですけど…帰って自分でザクザク縦にハサミを入れたりスキバサミでねじっては切りの乱す作業が入ります。
散髪代は10ZL(約300円)激安です。100ZL札しか持っていなくて釣りが無いようでジャリ銭分チップをあげました。gentlemanなおじさんは大好きです。

あとは携帯のバッテリーがすぐ無くなるので少し新しくなりました(誰かが使っていた中古)
mobile
日本に居る時から携帯には特に興味なく何でも良い派(他人の作った量産品に興味なし)なのですが取り敢えずイジリたおして機能の認識だけしておきました(ポーランド語の取説なんて見ても分からないので無視)。ヨーロッパの各国の言語が設定できてヨーロッパ全域通信可能です。日本語は無いので英語設定ですが。。
ちなみに中にミニSDくらいのカードが入っていてそれを変えるだけで電話番号同じで切り替わるので日本みたいに面倒な機種変更は必要ありません。

今日は会社に少し行ったあと何だか何度も見ている映画を見ました。
「遠くの空に消えた」

日頃の忙しさに忘れそうになる子供の頃の気持ち。
そんなことを思い出させてくれる良い映画だと思います。少年の心を忘れない大人でずっといたいですよね(ちゃんと大人になってんのかは別にして…)。
Xファイルも有りだけのDVDを見てしまいましたがXファイルってつくずく面白いですね。恐さなんて何ともない。
小さな証拠から仮説を立て理論的、化学的に根拠を求めるところはとても勉強になります。
その原動力は何より自分の理屈を信じる事。それを信じさえいればおのずとその方向に正解がみえてくると思います。それを奇跡と思うかは別としてただ回り道して辿り着いただけなのか初めから正解が沢山あったのか、いずれにせよ途中で諦めたらたどり着けません。別に変な宗教に入っている訳じゃないです。自分が信じられなくなったらそこで全ては終わりです。

最近古い日本の曲をYouTubeで聴いてばかり…結婚して松任谷由実になった後、その名を知らしめた誰もが知るこの曲。

ちなみに私の生まれた年の曲ですね。まだまだ若いでしょ(笑)
外国人の子供ってなんであんなに可愛いんでしょうね。私の住む街は田舎だからか外ではしゃぎ廻る子供たちも人懐こくてとても可愛いです。いつも通りかかるとどこで覚えたのか「こんにちは!」と言ってくれます。私は「ジンドブリ」(こんにちは)って返しますが(笑)

取り敢えずそろそろ日本の実家に日本食の物資と共にXファイルの最新DVDとユーミンとオフコースのCDを請求することにします(笑)

日曜の午後(昔の記憶)

日本はゴールデンウイークですね。こちらも月曜はポーランド憲法記念日です。
土曜にスーパーが閉まっていることに気付き祝日だったと思いだしました(笑)普通の祝日で土、日、月、ガススタくらいしかやってないなんて、いったいポーランド人は祝日をどこでどう過ごすのだろう・・・
may3
街の通りにはご覧の様に国旗が並んでます。日本の歴史も知らないのにポーランドの歴史は全くですがヨーロッパで初めての憲法だったみたいですね。元々民族はとても優れてたんだと思います。何せ場所がドイツとソビエトに挟まれてた為に大変な時代があったかと思いますが。。
ちなみに写真の前は日本では見かけないRoundaboutですね。交差点がドーナツ型になっていて信号は無く安全を確認してドーナツ型の円に侵入して好きな交差点で出る。右走行なので円内は反時計回り、円内の車が優先で出る時に右ウインカーを出して出る。
平原のど真ん中の交差点でもわざわざ電線を引っ張らなくて良いし信号機の故障も心配無し。街中でも信号待ちが無いから渋滞も起こらないし。大きい交差点では円内が3車線あったりして結構大変です。大型トラックは大変でしょうね・・

話は変わって休日の気分転換はDVDばっかり見てます。日本に帰った時は時はとにかく借りまくって焼きまくる(笑)これまでの赴任者のも併せれば私の家にも100枚位あるでしょう。
最近見たDVDで学校で習った思い出の曲の話がありました。合唱会で歌う曲を選ぶ時、あなたは「翼をください」「遠い世界に」どっちに手を挙げた?
さあ、あなたはどっち?


私の世代では残念ながら合唱会で歌った記憶はないのですが、小学何年生の時だったか忘れましたが1年位だけ居た音楽の先生がやたらこんな曲ばかり歌わせた記憶があります。当然私は小学生ながら何て良い曲なんだと思いました。
ちなみに私なら「遠い世界に」ですね。「友よ」でも良いですよ(笑)小学生からだいぶ変わっていたのかも(爆)

私の小さいころよく聴いた曲は荒井由美とオフコース。親の趣味でもありますが自ら好きで聴いていた気がします。レコードもあったし親父が良くギター片手に歌ってた気がします。週末ドライブに行く時はいつも聴こえてた気がしますね。
週末にふと聴き直すととても懐かしい記憶がよみがえります。
という訳で私の歳では変な選曲ですが名曲「ワインの匂い」と「ベルベットイースター」です。


どっちも初期の曲ですが、オフコースは既に歌詞とメロディーと楽器の使い方の拘りは圧倒的ですね。ユーミンはこんな可愛かったんですね(失礼!笑)

なんだか日曜の午後って感じしませんか?私はそう思いますが。

これじゃない!22才の別れだ!やっぱ神田川だ!俺は今あれが聴きたい!ってな人はお好きにどうぞ(笑)
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。