スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン部品+DVD

先日、アメリカのエンジン部品メーカーで欧州車向けローラーロッカーやラッシュアジャスター、バルブの生産をしているポーランド工場を訪問してきました。
去年から新規引き合いで始まりようやく先日最初のサンプル提出に漕ぎ付けたのをきっかけに訪問のチャンスが巡ってきました。
って現地人同士の遣り取りの中で訪問の話を聞き俺も行く!と勝手に付いて行っただけですが…
いや?私にとって生産現場は遊園地♪興奮し過ぎて仕事を忘れて変態トークを炸裂してしまいましたね。
特にバルブはあれだけ沢山のバルブを見せつけられたらエンジンフェチには正気を失います。
ビッグバルブ化し放題だな♪っと普通にしゃべってます(笑)それを普通に聞いてる相手も相当好きもの(爆)
実は(行くまで知らなかったが…)その工場は某日系企業と共同出資で建った工場。
目的は日系自動車メーカー納入と思われますが(日系でも欧州仕様車、現地生産車は部品を現地調達するのが今は普通、わざわざ日本製部品を組んでいたら今やまず利益出ないし、販売価格も上る。現地調達率、現地サプライヤー現地人協力関係が勝敗を分ける。その点では日本より自動車の歴史がある欧州では調達は容易、高いけど、品質、納期、コミュニケーションではまず心配無し。その点、我々日系はその恩恵を受けやすい、逆に欧州仕様から始まり日本で採用という逆輸入的な引き合いの可能性も高い。ただ今や日系自動車メーカーに頼るのは危険)現場では5Sから始まり、カンバン、FIFOなど日本式が目立つ、生産機械も日本製、それをポーランド人が実務を行い自慢げに紹介している姿は感動ものでした。簡単にはそうはいきません。原っぱから建てて頭ん中がマッサラな人間を引っ張ってきたならまだしも過去のこれまでの歴史を引きずる工場でここまで日本式を広めるには相当な努力があったはず。マネジャークラスが皆30歳前後で有る点もその1つかもしれない。過去の経験、実績よりも本人のモチベーションが最大のポテンシャルであることは言うまでもない。
実務にあまり触れてないので実感はないですが…新規サプライヤー監査、PPAPはかなり厳しいようで品質は勿論、素材料調達から生産キャパ、納期まで相当な書類作製が必要な様子。個人的に興味津々な客先だけに頑張って安定供給まで行きたいところです(笑)

こんな記事は誰も読まないの分かってます・・・
(最近、面白くないのは承知していますが仕方ない…仕事しかしてないもので)

最近、正月に日本で焼きまくった「Xファイル」のDVDにハマっています。誰でも一度はみたことあるXファイルですが、真剣に見ると面白いですね。短編ですが意外と話が続いています。
なにより変態と言われるモルダウ捜査官が真実を突き止める為、無我夢中に突き進む姿は勇気付けられる。
スカリー捜査官と出会う最初の場面から新しい物を発見する時はまともな人間はまずそれを拒絶し、変態呼ばわれする。変態と呼ばれても構わないそれを肯定する根拠は無いがそれを否定する根拠もない。真実を明らかにするまで諦めない。
それは何も同じ事だと思います。人間は進歩(チャレンジ)を恐れては人間は滅びてしまう。

小さい頃初めてXファイルを見た時恐いと思ったけど改めて見るとぜんぜん恐くない・・・寝る前にXファイルを2本くらいみてむしろ恐い夢でも見たいなぁと思って寝るんだけどぜんぜん見れない・・・しょうもない大人になった証拠でしょうか(笑)
スポンサーサイト

スロベニア

先週、スロベニアに仕事で行きました。その時立ち寄ったマリボルという街の紹介。
sro
sro2
sro3
sro4
sro5
sro6
sro7
第一印象は女性が綺麗!ポーランド人も綺麗だけどスタイル抜群!食ってるもんが違うのかね?
イタリアの東隣りですが背は高く色白、どっちかといえば金髪が多い、眼の色は恥ずかしくて見つめられなかったので分かりません(笑)あとは若干テンション高い(爆)
ユーロ圏で通貨もEUR、高速が張り巡られ豊かさを漂わせます。車は日本車が多い印象。地中海に面していることもあり魚も食える、SEA BASS(スズキ)を食った。気候も豊かで野菜も豊か(だから美人に育つ)。

街には観光客も少なく海外に来てまで日本人に会いたないわー日本語聞きたくねーという方には穴場です。

CKB

さっき「約三十の嘘」という映画のDVDを観てました。内容はどうであれ主題歌がクレイジーケンバンドのあぶく
懐かしー!!ってあぶく程度以降の曲はあまり知らないかも…以前は男の叫び!をストレートに歌謡チックにのせたブルースが最高でした♪
取り敢えず「あぶく」

そんでもっていすゞ乗りにはご存じ
「ベレット1600GT

この曲をベレGを転がしながら聞くのが夢でしたね。その後叶いましたが感動!キャブ音がおっき過ぎて音量MAXじゃなきゃ聴こえないのですが(笑)
ちょっぴり音の悪いスピーカーで聴きながら走る方が良い。アクセル全開!生ガス吸って昭和にワープだぜ!!

実は「シスター・リー」というベレGが登場するCKBの名曲があるのですが残念ながらYouTubeにありませんでした・・・

最近の曲は良く知らないのですが前の曲はほんとどこまでも走っていっちゃいそうなくらい良いです。車好きにはもってこいですよ!

燃ゆるとき

今日、『燃ゆるとき』という映画を見ました。
同じ日本人から借りたものでアメリカにある日系企業のお話です。海外で製造業をやる海外赴任者の苦労話。
ハッピーエンドの素敵な物語で現実とは違うかもしれませんが良く出来たお話だと思います。海外赴任経験者にか分からないところもあるかもしれません。
文化、習慣、賃金、考え方など色々な違いはあれど結局は人間。そして一人では出来ない。
今や世界にとって日本は小さな国ですが日本人の性格は決して世界に劣ってない。
自分を殺さず周りを殺さず。真似事をせず自分を貫かず。

それそれの会社にそれぞれの色がありますが、同意見の方は一度DVD借りてみてください。

イースター祝日

今週末はイースター(復活祭)です。イエス・キリストが十字架に掛けられ亡くなった後、3日目に復活した日。
春分の日の後の満月の後の週末。今年は4月4日。テレビではそのお話ばかり。開いている店といえばガソリンスタンドくらい。
キリスト教圏では大切な日なのですね。

ポーランドもようやく15℃くらいになり春らしくなってきました。木々に緑が見えるのは5月位になりそうですが。
日本人の私には馴染みのない祝日。教会にも行きません。(ポーランド人でも特に若者で教会離れが多いみたい)
天気が良かったので私の普段乗っているブジョー307に代わって陸路出張に活躍中のオペル・アストラの洗車をしました。
oas
oas2
雪解け道を走るとご覧のとおり醜い姿になります。会社の駐車場には蛇口もホースもないので工場にあるウエスとゴミ箱をバケツ代わりに皿洗い洗剤でゴシゴシと・・・
手で洗うとキズ、凹みが良く分かる。というか誰!?こんなとこブツケたん…
oas3
oas4
スッキリしました。購入後一度もワックスなんぞ掛けられてないでしょう。鉄粉でザラザラだし。フロントは公道バトル(普通に走っているだけ)によって付けられたと思われる飛石痕が無数にあるし。まぁ自分のじゃないからええけど。。
久々に洗車で良い汗かかせてもらいました。
日本に居たころ、天気の良い週末に寮の前でみんなで一つのホースを分け合って洗車ごっこしたのが懐かしい。あっという間に週末が終わっていきましたね。

ちょうどこの車も10万キロを超えたとこ。ついでにオイルレベルをチェックしてみるが少ない。車載のオイル1Lを追加してみるもレベルゲージに到達しない。。1.4Lの小さいエンジンに入っても4Lでしょう。いったいどんだけ減ってんねん。。オイルキャップから見えるカムが綺麗だけどキャップの裏はカーボンで真っ黒。既にオイル下がりが来てる感じ。タペット音大。ラッシュアジャスター機能してない。その内、壊れるね。それを車やエンジンのせいにされるのと可愛そう。まぁ会社の車はこんなもんなんでしょうけど。
祝日明けにスロベニアまでポーランド下道、スロベキア峠越え、ハンガリー高速の片道1000kmオーバーを走らなきゃなんないのに。オイルのドレンパッキンがあればどうにかオイル交換できそうだけど無いので取り敢えず継ぎ足しだけちゃんとしときましょう。
車は走行距離と共に自然に壊れていくんじゃなくて壊してるんですよね。。。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。