スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

skypeって凄いのね!

R0018723.jpg
会社にあった誰も使っていないスカイプを持ってきたものの、今までほったらかしにしていたのですが
暇つぶしにスカイプHPでダウンロードして、試しにアメリカ・オレゴンに住む友人へ電話してみることに
ちょうどメールを見ていたということで出てくれ3時間ほど話込んでしまいました。
でも無料・・・すごい時代になったものですね。
通話も鮮明で何も問題なく彼はカメラを持っていたので外の景色を映してくれて、しばしアメリカに行った気分?
とても楽しい時間を過ごさせてもらいました。スカイプって楽しいのね。。
ちなみに私はfujisgarageで検索していただければ今の所一人だけですのですぐに分かります。
Polandであれば間違いないでしょう。
GMT+1:00をご理解していただければ・・・一度電話してみてね♪(出るかは分りませんが・・・)
スポンサーサイト

ザコパネ旅行記録

前回の続きで、ザコパネ旅行で快晴に恵まれた1日目のHruby stitという山(多分…)の登山の写真を連続してご覧ください。
zak1
午前5時半頃、大きな駐車場に付き皆さん登山の支度
zak2
zak3
駐車場から山が見えていたので近いと思いきや、手前の山々を通り過ぎ奥へ奥へ・・・
zak4
zak5
zak6
ガキンチョらの元気なこと・・・
R0018554.jpg
R0018570.jpg
R0018573.jpg
第一ポイントの休憩所へ到着
R0018586.jpg
R0018577.jpg
絶景を見ながらの一杯のビールは最高♪
R0018583.jpg
毎年登っているという普段大人しい工場マネージャーがやたらと男前に見える・・・
ここから頂上目指し組とこのまま下山組へ別れ、我々は頂上を目指すことに
R0018588.jpg
R0018597.jpg
R0018601.jpg
R0018613.jpg
皆さんお疲れ気味、子供が頂上まで行きたい!というので思わず付いてきてしまったお母さん…頂上組唯一の女性です。遅れてくれるおかげで待つ間休憩できました。
R0018619.jpg
R0018622.jpg
途中写真は少ないですが↑写真の赤い矢印が休憩所、点が歩いてきた道です。最後の方は登山じゃない・・・

ようやく頂上へ到着!標高2172mですが、なんと歩行距離の長いこと・・・
北側(ポーランド側)景色↓
R0018635.jpg
南側(スロバキア側)景色↓
R0018627.jpg
しばらく頂上で達成感を共感、そして下山
R0018659.jpg
下山はスロバキア側から短い距離の方の道、しかし急勾配の不安定な岩を積み上げただけの道に足の負担大!
そうしてバスへ帰ってきたのは確か午後4時頃、よーー歩きました。
次の日の朝、やたらとヒザのサラが痛い事に気付くのでした。。

おまけは頂上付近で子供とシャボン玉を飛ばす男性。なぜこんなこところで?凄い神秘的で素敵でした。
R0018610.jpg

ザコパネより無事帰宅

日曜の22時頃、無事帰宅しました。
あー疲れました。でも楽しかったです。皆、とてもフレンドリーで陽気(過ぎ・・・)。
最後の最後までウォッカ片手に歌って踊って(全くどんな歌か分からないけど…時々私の名前が聞こえる…)。
あまりに写真が多すぎて選ぶ元気なし。休み明けから大忙しでした。
取り敢えず1日目に登った頂上より360度のパノラマをご覧ください。
zakopane3
アルプス山脈からずーっと東へ延長線上にあるタトラ(カルパティア)山脈の山々です。
写真の左側がポーランドで真中から右側がスロバキアです。
登った山の名前は忘れてしまった…(ポーランド語難し過ぎ・・また聞いて更新します)けども標高は2123m?くらいだったと思います。
富士山に登ったことはありますけど、歳食ったせいか富士山の方がよっぽど楽です。歩行距離はかなり長いです。
また時間と元気がある時においおい更新していきます。

これからザコパネへ

ただ今、20日の夜10時。
zakopane2
これからスロバキアとの国境(ザコパネ)まで2泊3日で登山に行きます。
結構険しい山だそうです。。。この為にリュックサック(でも安物)も買ったし、撥水能力の高いノースフェイスのウインドブレカーも買った。
靴は冬場の防寒の為に日本から持ってきたダナーライト(既に釣りやバイクツーリングで10年以上使っている、年食ったなぁ…)。
こんなとこで活躍するとは思いませんでした。ズバリ過ぎるけど…
勿論、パスポートも持ったし、カメラ(リコーGX)はフル充電、SDカードは4Gを初期化した。

同じ会社の人達と行きますが、バスツアーのようで他にも知らない人(もちろんポーランド人)も沢山いるようです。
天気予報は明日は晴れ、明後日は雨…(まあ登るのは明日ですが)
仲良く最後まで楽しめるように頑張りたいと思います。

ちょっとした悪巧み

私がポーランドの足車として使わせてもらっているプジョー307ですが、前任者、前々任者と使われて走行距離は14.8万キロです。
今日、会社の様子を見に行ったついでにエンジンルームを開けてみました。
pug1
ブレーキフルード、クーラント、オイル、残量異常なし。オイルがキャブ車かい!ってなくらいガソリン臭い・・・
確か6月か5月に現地人が出張中にエンジンが止まり、中古のエンジンに載せ換えたはず(登録書も新しくなってるし)なのですが、そうとう走り込んだエンジンだったのかもしれませんね。
低速トルクがエンストしそうな程妙になく、2500rpm辺りからパワーバンド(ってなほどじゃないけど…)のように吹け上りが良くなります。
最初にプラグを見てみたいところですが、特殊工具がないとプラグカバーが開けられないので(プラグレンチないし…)
なんとも怪しいエアフィルターを見てみることに。
pug4
写真では分かり難いですが、外側の空気の当たんない所と内側の色が全然違う。一回も変えてないんじゃないの?と思うくらいです。
紙タイプなので水洗いしたらダメそうですが、他に方法がないのでジャブジャブ洗って絞って天日干し…
その間暇なので、フィルターボックスの下のノズルを外していくとこんな箱が
pug6
グネっと曲った管に、砂や水を受ける空間が付いています。
その後、袋のような管へ続きフロントエプロンの中を通って多分上側に出口があるように思います。
pug2
衝突時に人に与える衝撃を最小限にする為にボヨボヨの袋になっているのでじょうか?
しかし、その袋が劣化してガサガサになっており、どう見てもエンジンが気持ちよく空気を吸っている気がしません。
フィルター以前の管全部いらなぁ?いと思いましたが、自分のじゃないので袋の管だけ引っこ抜くことに
oug7
砂とか雨とか入るかなと思いましたが、かなり上側の奥まった所にあるので問題ないでしょう。
この口以上まで浸水したら車は動かなくなりますが…ってここまで浸水したらマフラーの中も室内のフロアまで浸水するのでどっちみち無理でしょう。

マフラーの上の断熱板の固定部が腐ってマフラーと接触し、アイドリングでガタガタ喧しいです。
pug5
マフラーはノーマルのくせにやたら迫力あるし、消音材が完全死してます・・・

フィルターは2時間くらい放置しておいたのですが、まだ半乾き…でも待ってられないので装着。そして変化を見ながら帰宅。
感想は全然違う。低速のモタツキは無くなったしレスポンスもだいぶ良くなりました。排気音は歯切れよくなって余計に煩くなった?
空気を良く吸う分はフローセンサーがちゃんと反応してくれるでしょうし、(多分正常値に戻っただけだと思う)燃費にも環境にも良いでしょう。少し、この車に愛着度がアップしました。

1、2速が3速に遠過ぎて使えない(普通車では普通)。タイヤ(デイトン?夏タイヤ)のサイドウォールがヨレヨレで最悪(グリップは特に問題なし)。130km/hを超えるとハンドルが微振動して腕の血行が良くなる(ベレGは110km/h越えたら振動してたからマシ、クーラー有るし!笑)
タイヤをもうちょっとマシなのにしてヌケヌケのショックを車高長に変えたらもっと楽しい車になるはず(爆)
その前に道がほとんど直線しかないけど・・・・・

ハンガリー製501

日曜日、リーバイスショップで買った普通の501。(私はノンウォッシュ派)
501
最近、日本ではリーバイスも大体が中国製ですが、こちらはハンガリー製です。
その他に何にも変わったところは無くただの501ですが、ちょっとだけ得した気分♪

リー・ラングラーショップで調べてみるとこちらはポーランド製。
ポーランド製のLEE101が欲しかったんだけど、レングスが合わず・・・
日本のジーンズショップは(古着屋を除き)大抵ミシンが置いてあって裾上げしてくれるのにポーランドではそんなの見たことないとのこと・・・って必要無いですか・・・(足短くて悪かったわねぇ?)
ちゃんと短いレングスも設定してあるリーバイスに感謝(って501だけだったけど…本当は505が欲しかった…爆)。
お値段は日本とほぼ同じ。金銭感覚が慣れてしまって高い!って思わず言ってしまいました(笑)

Warsaw、Kazimierz Dolny

日曜日は現地人と車でワルシャワまで買い物に行きました。(片道3.5時間)
w&k4
おなじみの文化科学宮殿。他の国の人(スターリン)が建てた物でポーランド人にはあまり良いない歴史の象徴のようです。
田舎者が来ること違うなぁ?と言いながら(すべて私の運転のせい)、結構迷いながら(工事し過ぎ…)ちょうどお昼だったので日本館でランチ。このお店は日本人が経営されているのでまるで日本にいるようです。メニューも全部日本語だし。
w&k3
2人で天ぷらうどん定食を頼みました。(食べくさしでごめんなさい…)
うどんダシも関西風で文句なしです。まるで「さと」みたい。前の人も結構上手いことお箸を使っています。

思わずビールを注文してしまったので、車を置いて歩いてお目当てのショッピングモールへ、ここは有名ブランドショップからセレクトショップまで1日では全部見れないくらいのお店が入っています。女性陣には嬉しいH&Mもあります。
w&k5
左の建物がワルシャワ中央駅で、その右隣の変な建物がモールです。中央駅正面の道を挟んで文化科学宮殿、左側の道を挟んでマリオットホテルです。
三時間位ぶらぶらとお店を回りながらちょくちょく無駄遣いをして(こんな時くらいしかお金使うチャンスなし…)足が疲れてあえなく終了。
休みだっただけあって家族連れ、カップルでごった返していました。若者達は電車で来てココで遊んで帰るんだろなぁと思います。
特記すべきはやっぱりドイツやスイスの時計が安いかもしれません。こんなに種類あんの?と日本では見たことないものもありました。(安いったって高いけど・・・)ドイツ時計が良いね。良く勉強して買えば良い買い物が出来るかも。

その後、帰りにKazimierz Dolnyってとこに寄りました。日本語の観光マップにはあまり書かれていない、ポーランド人のバカンススポットでは超有名だそうです。(帰りの道はワルシャワ方向が大渋滞…まるでお盆のUターンラッシュ)
w&k6
クラクフからワルシャワ、トルン、グダンスクと大都市を結ぶビスラ川沿いにあるとても歴史のある小さな町です。
w&k7
バカンス期間ということもあり、オールドタウンは凄い人・・
w&k11
地元の人達にはまさにかりいれ時です。
w&k10
丘の上に建つ城跡。最低限の修復だけなところが歴史を感じさせて良いですね。
川を挟んで反対側にも城跡があるそうです。ビスラ川がいかに重要な川だったのかが窺えますね。
w&k9
丘の一番高いところに建つ3つの十字架。お墓じゃないよということで写真を撮ってみました。この地の重要な人の名前が彫ってあるようです(詳しく説明してくれたけど忘れちゃった・・)
家族やカップルがじーっと日が沈むのを眺めていました。こうやって日頃の忙しさを忘れてスローに過ごすのがバカンスなのですね。(日本人には日頃も十分スローだと思うのだが…爆)

この辺の道はクネクネの峠道でヒルクライムができそうだなぁ・・・
w&k8
なんてニヤニヤ想像している私・・・ご覧のように元気にしております。

おまけは、1978年にUFOが降り立ち、一人が連れ去られ身体検査をされて無事戻ってきたとされる地、Emilcin。立派なモニュメントが建っていました。
w&k2
ほんまかいなぁ?

興味のある方へ…
w&k1

ウッドストック40周年

ちょうど40年前の今日(15日)からあのウッドストックが始まったのですね。
アメリカではTVで放送されたり、各地でコンサートが行われているようです。
最近ハマっている衛星のアルジャジーラインターナショナルのニュースで言ってました。
(アルジャジーラインタナショナルは中東ばかりじゃなくて日本や中国の大雨のニュースなどもするインターナショナルなTVです。)
日本では終戦記念日ですね。同じ平和を祈るイベントでもまるで違いますね・・

スペシャルカレー

caree
ってどこが・・・
いやっ、自分で作ったらスペシャルなんです・・・
ルーは以前の救援物資に混入していたバーモントカレー(辛口)←ある意味スペシャル
取り敢えず、野菜を鍋の中で焦げないようにしっかり炒めて、水投入、水が半分くらいになるまで超弱火でコトコト・・・
その後、牛肉(パッケージに牛さんの絵が描いてあるので牛のはず…)をフライパンで強火で表面に軽く焦げ目を付けて鍋に投入。
再び、水とマギーブイヨンひと欠け入れて、水が半分くらいになるまでコトコト・・・
その後、ルーを半分入れて、再び水を足してコトコト・・・
そうこうしているうちに、腹時計が限界を迎え、冷蔵庫に保管していたご飯をチンして盛り付け。
care
マジウマです。
11時に作り始めて食べたのは16時回ってましたからね。よい暇つぶしになりました。
明日の方がウマいはず!!
(って明日もカレー?って良くある話)

まだまだ青い尻

きたないタイトルでスミマセン。。
メールを見ていたらやたらどうでも良い(迷惑な)メールが多い、飛行機会社のを見てると(マイレージカードを登録していたので)今日は私の誕生日だったのですね。
日本ではすっかり日付は変わっているがこちらはギリまだ14日です。
誕生日を祝うような歳ではなく、こんな記事を書くことすらが間違っているが…
まだまだ若いっすよ!(プロフィールを変更するも必要なし、一生変えないかも…)
そしてまだまだ青いです。(一生、自分を認めることはないと思うけど…)
日本では芸能界のお薬事情が話題となっているようですね。
なぜそうなるんでしょうかね。豊かさがそうさせるんでしょうか。気持ちが弱いのでしょうか。
少年、少女のまま体だけ大人になちゃったからでしょうか。まだまだ青かったってことでしょうか。
その手の薬なんぞヨーロッパの方が安易に買えそうですけど、社会勉強に試してみましょうか(笑、絶対にやんない、多分、その前に私にはあまり効きそうにない、笑)
何が幸せか分からないくなりますね。
地道に汗水たらして小金稼いでる方がよっぽど幸せってことかもしれませんね。

バカンス

来週1週間夏季のバカンス休日(販売予想に対する生産コスト調整ともいう…)です。
さて何をしよう?と思いつつ、取り敢えず酒だけは安全在庫を積み上げてみました(爆)
決まった来週の予定は週末にスロバキアとの国境付近まで登山(標高2500m位?)に行きます。
zakopane
いまいちポーランドの位置が掴めない人に…
europe
何しよっかな?と考えている時に、会社の労働組合の旅行に誘われたので参加することに(ある意味出張ともいう・・・)。
日本人は私だけ・・・ポーランド語しか分からない人だけではツマンナイので、技術の少し英語が話せる同じ独身(でも40…通訳にはちと不安有り、彼の英語が私が理解し難いともいう…そうなのはどうでも良い)に付いてきてもらいます。
木曜の夜11時からバスに乗り込んで金曜の早朝にザコパネ着、金曜日に登山をして泊まり、土曜日にスキージャンプのサマーオリンピック?を観戦?して泊まり、日曜はショッピング?&観光?(皆さんお土産でも買うのかな?)そしてその日の夜に帰ってきます。(次の日仕事…)

日本ではさぞかし暑いかと思いますが、こちらは最高でも25度位で湿度も低く爽やかです。寒がりな私は日中でも長そでのシャツか半袖でも2枚着ています。夜は寒くて毛布に包まって寝ています。(もう秋の気配?)

その為、明後日日曜日に一緒に行く人とワルシャワへリュックサックやレインコートを買いに行くつもりです。
なぜワルシャワまで?それは有名ブランドも入っている馬鹿デカイショッピングモールがあることと、日本食目当てです(日本人が経営する…ココがポイント!)。
ポーランド人が一緒ということでどこか良いスポットがあれば連れていってもらいたいところです。
ガソリン代は私持ちだし(セコイ…)。

明日はコトコトとスペシャルカレーでも作ろうかと具材を購入済みです。あとはボチボチ考えます。
最近ツマラナイ更新ばかりなので来週は少し良い記事が書けるかもしれません。

週末のその後

日曜日は技術メンバーの現地人に電話をしたら暇やで!っと言うので一緒にルブリンへ。
以前から噂は聞いていたけど全く期待していなかったショッピングモールへ。
想像していたよりもめちゅデカくて、びっくり♪
中は、有名なブランドのお店はなく(ナイキやアディダスショップはあったけど)、ポーランンドやその他周辺国(スロバキアやチェコなど)のブランドのセレクトショップのようなお店が沢山入っていた。
しかし、サイズが・・・私(177cm、中肉)でSかMで、でもなんだか可笑しい?・・・やたら丈が長い?
ちゃんとしたのもあったけど、どれも決めかねて、結局、サンダルだけ買いました。
san
sourceとか言うイスラエル製のサンダルです。足の裏から良い匂いのする変な仕掛け付きです。
日本で人気のチャコのサンダルっぽい形ですが、ぜんぜん違いますね・・でも履き心地は良いです。
それでもお店の中ではかなり高い方(180zl約5700円)で一緒に行った現地人はよー買うわみたいな顔してました。
それでも日本のウェブを見てみると1万円くらいするのでやっぱ安いですね。

そのモール内に、同じく噂に聞いていた日本料理店Matsu sushiが♪
半分無理やり付いてきたお返しに晩飯をおごりました。
寿司はまぁ海外のスシバーって感じですね。。そもそも海から遠いし・・・
普通にから揚げ定食とかの方がよっぽど良い鶏使うので美味しいです。
しかし、ニガリ齧りながら、熱い日本茶飲めるだけで十分幸せです。
現地人は初のお箸に四苦八苦しながら食べていました。生魚に明日下したらどうしようと心配気味でしたが、今日普通に会社に来てました。
隣にめちゃ大きいアウトドア専門のモールもあり、近い内にもう一度行きたいなぁと思います。

その後、地元に戻って酒でも飲むかーと良いながらももう夜遅いし、次の日仕事なので大人しく帰りました。

週末をどう過ごそう・・

最近、更新ネタなし・・・
最近の週末パターンとしては
平日は昼間も夜寝てる時も頭の中が仕事で満タンになってしまい、ロクに熟睡も出来ないので
土曜日は死んだように寝てしまいます。金曜に寝て起きたらもう日曜だった?みたいな感じです。

日本でペエペエもペエの若造がいきなり海外で高いポジションにつく、海外赴任では良くあるパターンかもしれませんし、現地人には困ったもんです。
自分のことだけ考えていたら良かったのが、そうはいかなくなります。また、文化や伝えるツールすら異なります。日本で役職につくよりもよっぽど大変なのは想像がつくでしょう。
周りは30、40代のバリバリに仕事が出来る連中ばかりです。現場を良く知り、経験も豊富な連中です。
これまで赴任、出張してこられた日本人によって改善されほぼ完成されており、すでに何もしなくてもちゃんと物はできますし、現地人にもちゃんと引き継がれています。
そんな中で私に何が出来るのか?他の人と何が違うのか?
「それは経験が少ないこと」「失敗できること」
日本人も現地人も経験豊富な人は沢山引き出しがあるお陰で、どんなことでもパターンで指示ができます。
同じ道を選べばゴールはいつも同じ所にたどり着きます。失敗もありません。
そもそもそういう人は失敗を嫌いますので、同じ道を進むのです。
それで何か変化があるのでしょうか?
何も変化なんていらないし、坦々と日々を過ごせば良い、これまで日本人がやったことをなぜ日本人がまた変えようとするのか?
中にはそういう人もいます。当然文口喧嘩もしますが、そういう人にはあえてその仕事をしてもらいます。嫌われていようともあえて話まくります。
そういう考えでそのまま行ってもっらたら勿体無いし、私の意味もないです。

これまでと違うことをするのは、とても勇気がいりますし、皆の協力無しにはできないです。
そもそも趣味や遊びではないので、説得力の有るもっともな計算と計画のもとになくてはなりません。
それには現状を良く把握する必要がある為、経験豊富な人のアドバイスも不可欠です。
他の人が何か文句を言えばトオル(私の名前)が変なこと言ってるからちょっと協力したってと、私の名前を使えば良いと言っています。
失敗したら、私の責任です。失敗したって大問題になるようなことはそもそもしていません。
しかし、なぜ失敗したのかを追及しなければ次の進展はありません。
それもヤメ!もういいじゃない!そんな簡単にいくか!と言う人にさせます。また口喧嘩の始まりです。なぜ簡単にいかないの?と質問すると知らない!それじゃ答えになってないし・・・
結果を追い掛けるだけなら誰にもできるし・・それはエンジニアの仕事じゃない。

それも大半は、とても協力的です。感動ものです。
私はYESマンは要らないし、自分が完璧じゃないので言い分があるならとことん言って欲しい(自分にも信念があるので全てを聞き入れるかは分んないけど…でも失敗したらちゃんと謝ります…)、それぞれに自分のセオリーがあって面白いのです。結果は後から付いてくるものです。
現状を指をくわえて見ている人が負け!そういう雰囲気をつくっていきたいです。

周りの人の気持ちや仕事振りを見て自分自身の考えも変化させていかなければなりませんが、今はこの方針で進めていきます。スマートではないですけど・・・
上述をあなたは全て英語で言えますか?100%伝えることができますか?文化も言語も違う人に。
私はそんな器用ではないので、日々の仕事、態度で伝えていくしかありません。。それも出張ではなくて赴任者だから出来ると思います。
そもそもの考え方が違うと言われそうですが・・・そういう人は自分の経験をただ押し付けているだけの人かもしれません。

いやー仕事って難しいですね。人生って険しいですね。

そんな偉そうな事を書きつつお腹が減ってきましたが、何もないのでそろそろ外に出て買い物に行かなくてはなりません。そして、午後に何をするか考えなくては時間が過ぎていきます。天気が良いので気分転換にどっかにドライブにでも行くか。ガソリン入れなくてはならないので大人しく会社に行くか。。

冷製パスタ・・・

pas6
作ってみましたが、意外と難しい・・・
パスタを長めに茹で、冷水に浸したあと、かなりしっかり水気を切らないと水っぽくなってしまいます。
おまけにあっさりした味付けに拘るには、パスタを細くしなくてはパスタの主張が強すぎます。
オリーブオイル+塩+粗挽きコショウのみでスモークサーモンの塩気と玉ねぎの酸味で勝負しようと思ったのですが
味薄い・・・
後でレモンを絞ってみて少しサッパリ感が出たもののいまいち・・・
フレンチドレッシングのように前もって混ぜて乳化させる必要があるのでしょうか?
それとももっと味の強い食材を入れるべきでしょうか?
最終的にそーめんの付け汁を入れて和風パスタで食べてしまいました(そーめんやん…笑)

夏と言えば・・

そーめん♪
so-men

先月の親からの救援物資の中にそーめんと麺つゆが入っておりました。
生姜はチューブのやつですけどね。(なぜかワサビを忘れた・・)
3束をたっぶりの沸騰水に入れ約1分半、ザルに落として冷水で締める。冷めるまで手で擦れない。
昨晩の現地人とのウォッカパーティに疲れ果てた体にアッサリ爽やか♪
このカツオの香りと生姜の絶妙なコンビネーション・・ポーランド人には分かるまい・・
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。