スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロカップ

日曜日はMr.Mさんとセントラルサーキットにユーロカップを見に行きました。
Mr.Mさんのお仲間が沢山いらしてとても楽しい一日でした。

レース・・・カッコイイですね。

しかし、見るほどに自分には無茶だなぁ?と思いますね。

以下、適当に撮った写真です。
yc7

yc6

yc3

yc1

yc2

yc5

yc4

皆さん、良さそうなカメラで撮ってらして
200万画素短焦点の小さいカメラの自分がカッコワル?と思いました。
まあ何でもいいですけどね(笑)

帰りにアクエリに寄っていただいてPFジェミニのシングルカム用のデスビを拝借して帰りました。
デンソー製のデスビでバネは自由長が若干長く、2つのそれぞれが線形と巻き数が違いました。
固定側を少し曲げて調整し取り敢えず付きました。
desudesu

2つのバネが違うことで回転数と進角度の関係にかなり調整幅がありそうですね。
付けてみて良いところを探したいと思います。
スポンサーサイト

ガバナ進角

微妙に混んだ道を3や4速でアクセルを微妙に踏んで進むことは
街乗りではよくあることですが
私のエンジンはそれをすると2500rpm付近でたまに小さなノッキングをします。
チューニングエンジンですのでアイドリングでも少し速いタイミングにしないとアイドリングが不安定になってしまいます。
その為全開で進角し過ぎないようにバキューム進角はキャンセルし
ガバナ進角だけにしています。
それでもノーマルでは進角のスピードが少し早く吹き返しを減らす為やレスポンス向上のためにスロー系を少し薄めにセッティングしていることも重なってノッキングしていると考えられます。
そこでバネを強化して進角のスピードを遅らせる方法をやってみました。
バネの強化ったって他にバネはありませんので足を同じように1巻きカットしました。

まずプーリーの印が本当に正しいのかどうか1番のプラグを抜いて適当な棒を差し込みそれにダイヤルゲージを当てて上死点を見つけ
プーリーの上死点印を確認。正確でした。
プーリーの直径は約120mm円周は120×3.14=376.8mm
プーリー上の1度は376.8÷360=1.047で約1mmです。
プーリーの刻みは10mmごとにあるので1刻み10度です。
完全に暖気させたあとアイドリングで確認すると上死点前14度でした。
アクセルをゆっくり踏んでガバナが進角し切る角度は約上死前35度
進角幅は約21度だということですね。
一人でやっているので分かりませんが4?5千rpmあたりでもう進角し切っているようです。

思い切ってバネ二つとも1巻きカットしてみました。
gaba1

早速組んでエンジン掛けてみました。
強化されすぎて進角しません。20度付近で頭打ち。3千rpmで頭打ち。
しょうがないからバネをびよ?んと伸ばして少し自由長を伸ばし組んでみると
今度は逆に組んだ状態ですでに遊びが出来てしましローターがガタツキピックアップがバラついてぜんぜん吹けなくなりました。

もうこのバネは駄目だ。。

というわけでストップ。
いつもお世話になっている部品商に日本全国探してもらいましたが既に廃番のようです。
デスビ自体はサニーなどの日産NAPS以前の日立デスビと中身はほぼ同じですので中古を買って部品取りすれば直ると思いますが
結局中古ですし
元々ガバナの進角が早かったのはバネのヘタリが原因だったのではと思いだしたのでそれでいいのか悩みますね。
PFジェミニのデスビから抜き取る方法もありますがデスビの中身が全然違うので合うかどうか分かりません。
まあ仕事が忙しくて車どころではないし特に急いでないのでゆっくり考えましょう。


つづく・・・


ちなみにご存知かと思いますがガバナとは
gaba2

↑のように振り子(おもり)とバネで構成されたもので回転が加わると遠心力によって振り子が外に押し出されます。
それを元に戻そうという方向にバネが引っ張っています。
そのバネの強弱によって回転数と振り子が外に押し出される具合が関係が調整できます。

上には点火信号を送るローターが固定される軸が載ります。
gaba4

振り子にはピンが飛び出していて上に載る軸には写真のように長穴があいた板が付いていてその長穴にピンが入ります。
この長穴の長さが進角幅を決めます。

無理矢理振り子を押し出してみると
gaba5

ご覧のように反時計回りの方向に軸が少し回ります(進角!)。
G型はエンジンをかけるとデスビは反時計回りに回転します。
エンジンによって回る回転速さにその回転数に応じたガバナ進角度が加わることで最適な点火タイミングが生まれ高回転までスムーズに回るという訳です。
圧縮された混合ガスがプラグによって点火されそれが燃え広がるまでほんのわずかですが時間がかかります。
その時間分を考え点火時期はアイドリングで既に上死点前。
高回転になればなるほど圧縮され膨張されるまでの時間が短いのでその分早くしないといけないので進角する必要がある訳です。
【たぶん・・・】

やっと1千キロ

先週金曜日は振替えでしたのでバイクに乗っていた時によく行った
166→368→369のコースを走りました。
走り出してすぐにアクセルを踏んだ瞬間のショックが大きくデフ辺りに違和感を感じました。
行く前に葛城モータースに板金塗装の相談をしに行く予定でしたので
行った時についでに見てもらうと・・・
なんとデフのブランケットの付け根が割れて片側が外れてました。
おのまま溶接補修してもらって
defu

いざ松坂へ(出発したのは15時・・・)
高見トンネルを抜けるとジェットコースターみたいに下る坂
matuzaka

下の方が思いのほか勾配のあるコーナーで結構怖いです(汗)
新緑が気持ちイイ♪
マイナスイオンを思いっきり吸い込んで166をひたすら走って
飯高駅で休憩
iidaka

もう少し166を走ったあと左に折れて368
368に入ってすぐに山林になります。
yamanaka

車一台でギリギリの道にヘアピンカーブだらけ・・・
対向車が来たものならすれ違えるところまで後退です。
バイクの時は楽しい道でしたけど車ではぜんぜん楽しくなかったです。。
ようやく山林を抜けて走っていると鯉のぼりが沢山泳いでました。
koinobori

そして伊勢本街道御杖という道の駅に到着。
soni

日も落ちて冷えてきたのでホットコーヒーを飲みながら声をかけて来たオジサンと少し話してから369で帰宅。
メーター読みで222キロ走りました。
これでようやくエンジンOH後1千キロ越えました。
オイル&フィルター交換時期ですね。
またお金がかかる・・
今月は自動車税払ってお金使うのは辞めなので来月まで大人しくしときましょう?

何色??

近いうちに本当に板金、塗装に出しちゃおうかな?
なんて思っています。
予算があまりないのでフルレストアなんて到底無理で見た目すらっと…ですけどね。
で今一番の悩みは何色にするかっ!!
一応、青系か緑系かまで絞っています。
この間、ロフトに行った時に色鉛筆を見ながら「この色もいいなぁ?でもこれもいいなぁ?」なんて思って全然らちが明かなかったので
思ったやつ全部買ってみました(無駄金…)
iro

青と緑の中間色がとても旧車に似合いそうだなぁと思ったのですが
色んな本やサイトを見ていると意外と多いのですね。。
この際、青なら青!緑なら緑!の方が逆に個性的かもしれませんね。
ん?悩む?
皆さんはどう思いますか?(参考までに)
(写真はカメラがヘボ過ぎて本当はもっと鮮やかです)

内装

今日はハンドルを換えました。
rekalla

レカラです。
ヤフオクで安かったのでつい。。
モモ用のホーンボタンと取り付けをモモピッチに変換出来るスペーサーも買いました。
ホーンボタンとハンドルの間のスペーサーは本来はアルミのビレットなのですがギラギラしすぎて変なので柔らかいフェイクレザーを貼り付けました。
売れそう?なくらいカッコ良く出来ちゃいました。
アメ車っぽいビレットに「いすゞ」のミスマッチ感がたまらなくイイっ!!
ホイールはさすが本革、握りは抜群です。
でも…黄色いレビンさんの真似になってしまいました。。

2週間ほど前から運転席側をフルバケにしてました。
fullbake

ヤフオクでも出品されている大阪の「BE FREE」というお店のオリジナルでオートルックタイプのくせにサイド留めの変わったシートです。
シートレール自体は元々のものを使いサイド留めのステーを自作しました。
しかしなかなかお尻がしっくりこなくて低反発のウレタンを足してみたり色々やってようやく良くなってきました。
助手席側も同じにしたいところですが自動車税も払わないといけないし貯金もしないといけないし我慢ですね。。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。