スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン

自分にクリスマスプレゼントというわけで時計を買いました。
ぜんぜん大したものじゃないですけど。。。
91年式のマラソンです。
マラソン

米軍支給品で湾岸戦争モデルの本物&新品です。
手巻きでムーブメントはスイス製のようです。
使い捨てのムーブメントなので裏蓋は外れずオーバーホール不可。
もう既に寿命が過ぎてるかもしれません(笑)
一番の特徴は放射性物質のトリチウム発光でしょうか。
でも15年前の物なのでほとんど残っていませんが。。
少し回すとすぐに動き出し一度回すと丸1日は持ちます。狂いも数秒なので気になるほどではありません。
音が普通のクオーツとは違うのがいいですね。
外径は33ミリでプラスチック製なので軽くて実用性は流石に軍用です。
プライベートでちょくちょく使う分には問題なし。
機械仕掛けだけで時を狂わず刻む。。
究極のメカですね♪
スポンサーサイト

アクエリ再訪問

2日にアクエリに行きました。
先ずの目的はエンジンルームを黒に塗るため。
購入時はエンジンルームは元色の白色だたため以前にエンジンが載った状態で塗れるところまで黒に塗っていました。
エンジンが無いとこんな状態
egroom

こんなチャンスを逃す訳にいかない!というわけで
黒に塗りました。
egroom2

初めに金ブラシで汚れや錆びを落とし、次にペーパーで足付け
そんでもってパーツクリーナーで脱脂
そんでもって必殺錆封じで錆封じ&プライマー
半乾きになったところで油性ペンキで塗り塗り
これが結構強力に付きます。

午後3時頃にお店に行き「おーいそろそろ閉めるでー」と言われるまで(多分7時半ごろ)掛かりました。
ちなみに車は裏の車庫にちゃんと保管されていました。
egroom6

中にはポルシェのパーツらしきものがごろごろ…

気になるエンジンの方ですがブロック、ヘッドはちょうど内燃機屋に預けていてありませんでした。
私のブロックは実は前のオーナーが85mmくらいまでボアを広げていてそれに限界を感じたのか次はスリープを投入して82mmまで縮めてありました。
ですので結局エスコートも厳しいということで
日産RB26の純正ピストン(86mm)をガスケットとバルブの逃げ加工を加えて
G180Wのコンロッドにブッシュ加工をして組むようです。
G180Wのクランクも前プーリー側のシャフトの長さが違うため加工が必要とのこと。
エスコートのピストンは9万くらいしますのでRBの純正は一個1万円、リングが1.5万ですから加工代を足してもエスコートで組むのと金額的には変わらないとのことです。
クランクも1.6と1.8を並べて見せてもらったのですが写真撮るのを忘れました。
排気量は約1930cc。
1.6のヘッドは1.8に比べバルブIN側が2mm小さいのがおしいところですが社長さん曰く「速いでー」。。。
付いていたカムは288°でした。
egroom4

消耗品もどんどん集まってきていました。
egroom5

メタルはジェミニまで共通だそうで今のところ問題なしとのことです。
シール類が微妙とのことです。

そんなこんなで12月いっぱいかかりそうです。。

《ちなみに》
私のG161Wのクランク(フライホイール6穴タイプ)も重量バランス取り済みでお店にあります。。
1.8ストローク用のエスコートピストンも使わなかったのでまだあります。。
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。