スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

my Kerrys 2012 Ver

お久しぶりです。何とか元気にしております。
最近なかなかゆっくりできる時間がなく、あっても雨…となかなか自転車に乗る時間が無かったのですが
本日久々に自転車に乗ることが出来ました。
kerrys
実はネットで部品を買っては深夜にイジってました。パッと見は変わりませんが結構、無駄遣いしてます…笑

giro
オシャレは足元から…靴底もカーボンになりました。長パンツは年末日本で買ったmont-bellです。
スポンサーサイト

シマノの靴

今年はこれ以上の変化はないと言ったその日にちょっこら自転車屋さんに行ってしまいシマノの靴を買ってしまいました。
spd sho spd sho spd sho
自転車を買った店に行ってビックリ!お店が入っていた建物自体が無い…隣りが電車の中央駅で街の中心部の再開発中のようで古い建物をどんどん潰しているようです。。(帰ってお店のHPを確認すると少し離れたところに移転してました…)
仕方なく前からチェックだけしていた別のお店へ、小さなお店でしたがKellysやGiantの結構な高級車が沢山ありました、部品はほとんどシマノ、ポーランドではシマノは自転車部品界のトヨタやソニーのような日本を代表する高品質的な存在のようです。
そこで何となく目に入ったSPDシューズを試着。理由は元から付いていてボルトが抜けないSPDペダルを活かす為です…。
言葉も通じない変なアジア人に色んなサイズを気兼ねなく出してくれるオーナーの人柄に負けて思わず買ってしまいました(爆)
この靴はMTB用SPDで足を地面に着いたり自転車を押したり出来るように靴底の金具(クリート)がサッカーシューズの様なソールよりも内側にあって歩いてもカタカタなりません。値段は6千円くらいで普通の靴と変わりませんでした。
しかしまぁお世辞にもカッコ良いとは言えませんねぇ…。

試しにいつもの40kmコースを漕いでみましたが予想を遥かにこれが良い!
最初上手く装着できるか、いざという時に外れるか心配でペダル側の固定調整を緩くしていたのですが少しするとすぐに慣れました。途中でクリートの位置やペダルの調整、サドルの高さを調整しながら自分が漕ぎ易いポジションを試しながらの走行。ペダルが乗る位置が今までよりも少し前側(つま先側)になったことや靴底が高くなったこともあり家に着くまでにサドルは20mmくらい高くなりました。
いつもの40kmコースは最初の10kmくらいがとても足が重くその後は慣れて軽くなるのですがそこで調子にのって勢いをつけず同じ調子を漕いで30kmくらいから上り坂が始まり最後の5km辺りから結構足が辛くなるのですが、今回のSPDシューズでは結構向かい風がキツかったにも関わらず最後の5kmからラストスパートがかけられました。

今まで足を上から下へ押す以外に動力が伝わらなかったのが足がペダルに固定されることで下から上に引き上げるときも動力が伝わるので同じ道を同じピッチで走っていてもぜんぜん足への負担が違うようです。これホント!
spd sho
この日は日差しがあるにも関わらず風がとても涼しく汗をかいたシャツでは寒く秋の気配を感じるほどでした。途中で会った馬達も気持ちよさそうに走りまわってました。
spd sho
この靴も自転車と一緒ならカッコイイかな?笑

最近は以前よりも夜は良く眠れるし(というか9時頃には眠くなる…)朝は目覚まし鳴る寸前に目が覚めるし、週末も早寝早起きだいし、腹もよく減るしでとっても健康的な気がします♪

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Ergon GS2-S Lightweight Magnesium Bar Grips

つづきです。
ergon gs2
グリップです。このカタチから好き嫌いが出てしまいますが使用されている方達の感想は絶賛ばかりなので試してみました。
ちなみにサイズは全体的に少し小さいSサイズ(女性用)です。またバーエンドを握ると自分の肩幅に対して手が外に出過ぎてしまうのでバーハンドルを左右30mm切り落として短縮させました。白/黒を選んだ理由は全体のバランスから。

使用感は最高です♪グリップを握るというより手の平をハンドルに乗せておく感じで手首も安定して疲れにくいと思います。
バーエンドは握ると手首と腕の角度がとても楽♪またSサイズを選んだことでバーエンドからでもブレーキレバーが届きます。
グリップにしては少し高いですがバーハン派の方には絶対試して頂きたい一品です。

あとはステム。前にも書きましたがRitchey WCS 4Axis 44 31.8 Stem Wet Blackがカッコ良くて同じモデルで短いのにしました。
ritchey wcs
上が新調した70mm、下が元々付いていた120mmです。少しの差じゃ体感できないかもと思い50mm短くしましたが見た目もかなり違うものが届きました。ロゴも小さくなって元々の120mmの方がカッコイイ…
短くした理由はハンドルを低くする代わりに腕に余裕がでるように手前へもっと引き寄せたかったからです。

使用感は思った通り腕の曲げに余裕ができてとても楽♪またハンドルを下げることで重心が少し前にいくのでお尻の負担も低減できます(すると手首に負担が掛りますが上記のグリップは狙い通りでした)。ただステムを短くするとハンドルの切り角に対してタイヤの反応が早くなるので少しクイックになるのが難点です。私のように腕のリーチが少し短い方はそもそもフレームのサイズ選択を十分に考えた方がよいかもしれません(私にはもう遅い…)。

kellys mobster R
写真では大きさが良く分かりませんが26インチホイール+セミスリックタイヤで普通のクロスバイクに比べると全体的にとてもコンパクトな感じです。ハンドルを短くしたことでナローな感じも強調されて自分の自転車ながらカッコイイ・・・笑
今年はこれ以上大きな変化はない(はず?)です。雪が降るまでに出来るだけ沢山漕ごうとおもいます。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

フロントシングルギア化

つづきで箱の中の小物です。
フロントチェーンリングのトップ44Tを48Tへ変更し他を取っ払ってシングル化してみました。チェーンリングは素でシマノSLX用です。
single
ディーラーも外し代わりにRohloffのシングル用チェーンガイドを付けました。これが無いとリアのギアチェンジをした時にチェーンが外れるそうです。
このチェーンガイドは安かっただけあって取って付けた感たっぷりです。。どう調整してもリア9速の内トップかローでチェーンがガイドに当たってしまいます(一応このチェーンガイドの許容は最大44Tまでです)。
チェーンリングをもっと内にもってこれれば良いのですがフレームに干渉してしまい本来の位置で限界です。
chen
他にガイドのチェーンがハマっている幅を広げれば良いのですがそれではチェーンが外れてしまいそうです。
私はトップで当たらないように調整しました。
(クランクやチェーンリングを外すには特殊な工具が必要ですが色々なサイトに載っているので特記しません)
チェーンは外さないとディーラーが外せなかったので近所のお店に売っていたSRAMの9速用チェーンになりました。これは脱着がクリップタイプなので便利。シマノ9速カセットとの相性も特に問題無くギアチャンジできました。
チェーンリングボルトは本来シングル化に伴い変更しなくてはいけないのですが裏側に10mmボルト用の平ワッシャーを挟んで対処です。。

問題はこのペダル・・・SPDペダルに普通の靴で漕げるようにプラスティックのカバーがしてあるのですがこのプラスティックがギーコギーコとしなって非常に漕ぎにくいのです。
pedal
普通のフラットべダルを入手してあるのですがこのペダルのボルトが非常に硬く締まっていて外れません・・・片側が逆ネジということは分かっています。片側は何とか外れたのですがもう片側はビクともせずネジがカジっている感じです・・・ドリルでネジを貫通してやろうかと思いましたが上手くいかないとチャリに乗れなくなるので辞めました。しかしこのクランクってば重い!なぜこんなに重くする必要があるのでしょう?チャリに付いている部品ではかなり重い分類ですよね。ペダル交換ついでにもっと軽いクランクに替えてしまうのも有りかと思ってしまいました(高くつきますが…)

今日は実はポーランドもカトリック教徒の行事で祝日なのでした。天気も良いし40kmほど試走してきました。
uzendow110
日差しが強くてバス停でしばし休憩中。(軽量化の為デジカメ持たずケータイにて)
ほとんどの方が教会に行かれている様で走っていても牛に会うくらいでのんびりした空気が漂います。

とても良い感じです。車重はちょうど9kgくらいになったと思うのですが軽量化の効果は絶大です。クルマやバイクと違いエンジンが自分の足なので簡単に体感出来てしまいます。
シングル化はリアを使い切る感じでこの土地では問題無く良い感じです。チェーン落ちもありませんでした。
カーボンフォークもリジットですがアスファルトの上を走る分には細かな段差をちゃんと吸収しているようでむしろサスフォークよりも路面の振動を感じません。ただキャリパー固定部の剛性の問題かブレーキのタッチ感が以前よりも悪くなった気がします。。
サドルは40kmくらいでは良く分かりませんが前のサドルは坐骨が広げられる感触があったのですが今回のは広げられるというか広げても閉じても座り方で変えられる感じでやはり幅やクッション性よりもサドルの形状(ラウンド具合)が骨には結構重要だと思いました。

そうそう!途中で有名人に会いました!
uzendow100 左のおっさんは知らない人です。。連休中の為かあまりに醜いので目を隠しておきます。
Hey! I know U!とチャリに乗った変なおっさんが近づいてきたので俺はお前なんて知らんぞ!って感じでしたがすぐに気付いてくれました。握手した感触では意外と手が小さく整備をしそうな感じではありませんでした(握手は良いですよね)がスズキの大排気量トレールでツーリングに行く為友人を待っている様子(まだ走るのね…)でその後途中で思いっ切りブチ抜いていきやがりました(笑)

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Prologo Nago Evo 141 Ti Solid Saddle

先日届いた箱の第二弾、次なる大物(これ以上、大したもの無し…)
サドルと言えばイタリア、イタリアのサドルと言えばSelle ItaliaSelle Sanmarco
でもその中で最近有名プロレーサーの使用率上昇中のイタリアの新生Prologoにしました。
prologo1
NagoのEVO141というモデルで標準の幅134mmに対して幅広版の141mmでPrologoの中では割とコンフォートな分類です。
形状はセミラウンドで元々付いていたFizikのAlianteはラウンドで幅はこの新しいサドルとほぼ同じですがラウンド形状は私の尻には最幅部は結局使い切れないのでセミラウンドで141mmだと以前より乗っかるお尻の面積は増えると考えました。
実際に乗っかった感じはやはり以前よりもお尻の当たる面は広いです。クッション性はAlianteとほぼ同じ、ボデーのしなりは指で押した感じでは左右はほぼ無し上下はちょうど真ん中辺りでグイグイしなる感じで結構ガッチリしています。

例えば学生時代誰でも経験のある行事で体育館に全校生徒集合、パイプ椅子に長時間座らされて私はお尻がすぐに痛くなるタイプだったので(今もそう)サドルを変えて大きな改善は期待出来ないかもしれません・・・。
でもフカフカのサドルは見た目の問題でNG!カッコ良くてなるべく快適な・・・でこれでも結構悩んで選んだのです(汗)

カッコ良さでは流石イタリア製、カバーの質感は高級感有り、真横から見るとセミラウンドなので結構ペラペラでスポーツ感は十分、白を選んだ理由はフレームとのバランスで、しかも赤と黒のラインがこのチャリ用?のようにバッチリです(サドルは白の方がだんとつカッコイイ)。

prologo
その名のとおりレールはチタンです(笑)ベースはカーボンファイバーを補強材に使って重量199g、世の中にはもっと軽いサドルは山ほど有りますが元々付いていたサドルと手に持って比べるとかなり軽いです。

しかし自転車の部品の素材は凄いですね!遣り過ぎです(笑)

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。