スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーム系

creempas 写真はマズそー…
春っぽい緑のモノを入れたいのですがまだスーパーに並んでない(か並んでいる日を逃がしてる…)ので玉ねぎとスモークサーモンのクリームパスタです。
スモークサーモンは生でもオイシイですが少し火を入れると塩鮭みたく超オイシイです。ご飯を炊くときに一緒に入れたら絶対ウマい!はず。

作り方(写真は少し汁気が多いですが…)
・玉ねぎとスモークサーモンを適当に切る。
・ニンニクをほんの少し(香り程度)細かく切る。
・沸騰したお湯に塩を入れ、パスタを茹で始める。
・フライパンにオリーブオイル、ニンニク、玉ねぎを入れてから火を付ける(中火…)
・玉ねぎが良い感じに色が付いたら(ニンニクは絶対焦がしてはダメ、だから玉ねぎはどの程度火を通したモノが好みかで水気によって切る大きさを決める)白ワインを入れる(白ワインの代わりにパスタの茹で汁でもOK、でも白ワインの方が何だか豪華な気がする、アルコール好きはあまりアルコールを飛ばさず香りをしっかり残す、笑)。
・バターを適量入れる(これがクリーム系パスタの重要なポイントだと思います、量で好みの濃淡、塩気を調整)。
・クリームを中火を維持して時々フライパンを動かしながらグツグツ濃縮させる。
・気持ち水気が多い状態(水気が少なくなり過ぎたら茹で汁で調整)から弱火にしてスモークサーモンを投入(あまり火を入れない為)してパスタを待つ(その前にパスタの硬さは見てまだまだだったら一先ず火を消す)。
・パスタはいつもよりももう少し固めに上げ、水を切ってフライパンへ入れる。
・弱火の状態でフライパンの中で1分程(汁気重視)、グツグツし、その間に粗引き胡椒で味の調整をする(塩はいらないはず)。
で出来あがり。切る工程を除いてはパスタの茹で時間+1分で出来る。そしてクリーム系はよっぽど失敗しない限り食べれる(笑)。
粗引き胡椒好きは皿の上からかける。そのたハーブ系は適当に好みで。


YouTubeで見付けたポーランドで日本語を学ぶ人達(まるっきりTVのものですが…)
ポーランドってどこ?どんな国?そんな人のために(笑)

片言の日本語に笑う貴方へ、貴方はポーランド語を話せますか?英語すら流暢に話せない私には凄い!の一言です。
ワルシャワ大学は日本の東大、日本と違い勉強しなければ卒業できません。日本に興味を持ってもらえることは日本人としてとても嬉しいことですね。
スポンサーサイト

テーマ : 節約ごはん
ジャンル : ライフ

キムチ!

どーでもいい記事が続きますが・・・旬?の白菜を使いキムチを作りました。
ポーランドの白菜は美味いです。水水し過ぎて水気が出過ぎです。デジカメを会社に置きっ放しにしているのでケータイで撮りましたが今使っているNokiaケータイのカメラの性能が悪過ぎです・・・
kimuchi マズそーー・・・
白菜1本(?)を適当に切ってザルの中でひたすら綺麗に洗う、その後塩を適当にぶっ掛けて塩もみ、そのまま1時間くらい放置してシャキシャキ感が残る程度に漬けもの状態にする、そして再び塩気を抜く為に綺麗に洗い、絞って水気を取る(←これがPolski白菜には少し甘かった)、そして登場、日本から持って来た
kimuni エバラのキムチのもと・・・(笑)
刺激的な辛さを求めて赤唐辛子投入、日本人なのでカツオ節投入、ジップロックに入れて1晩冷蔵庫へ、次の日冷蔵庫を開けると「臭っ…」 味見 「辛っ…」(唐辛子入れ過ぎ)その日の晩はキムチチャーハン「美味い!」目に涙を浮かべながら(それは辛いからではない!)そしてビールを飲む「美味い!」かなりの量が残っているので次の日もう一人の日本人(社内の日本人率0.4%)に尋ねると是非欲しいとのことでおすそ分け、日本のスーパーで一番安いキムチ程度のものに喜びを感じる今日この頃でありました・・・(爆)

新しい卵を買った後はカルボナーラ

新鮮な卵じゃなきゃできないパスタですよね。
carubo
ベーコンは薄切りより厚切りの方が美味い。近所のスーパーには超薄いかブロックしか売って無いのでブロックを買って半冷凍状態で全部カットし1人前ずつラップに包んで冷凍しておくといつでも使える。

大きい鍋にお湯たっぷり沸かし塩手のひら盛り投入。スパゲティー投入。
フライパンにオリーブオイルをひき、ベーコンを強火でカリカリに焼き、ニンニクのみじん切り少々(ペペロンチーノの半分弱くらい、これでコクがより出る)投入、強火なのでニンニクの色がすぐに変わってくるので焦げる前にスパゲティーの茹で汁を投入(これパスタの基本ですがニンニクが焦げると苦くなるので失敗、茹で汁を入れるともう焦げない)、茹で汁を多めに入れてかき混ぜる(ベーコンとニンニクの最高のソースが出来あがる)、少々グツグツ煮ながらペペロンチーノよりも少し汁気が多い位で火を止めフライパンを少し冷ます。
(ここでスパゲティーの硬さをみてゆで具合を確認しとく)
ここままじゃただのペペロンチーノなので、別の容器に全卵1個(1人前)、粉チーズ(何のチーズか分からないけど…多分パルメザン)を好みの量で投入(黄身の大きさよりも気持ち多いくらい)、粗引き黒胡椒を好みの量で投入(粗引きじゃなきゃカルボナーラにはならない)、そしてかき混ぜる(粉チーズが混ざりにくかったらスパゲティーの茹で汁を少し入れてもOK)
スパゲティーが茹であがったらフライパンへ投入。ソースと良く絡めた後、すかさず卵のソースも投入、すかさず良くかき混ぜる、フライパンが冷め過ぎているとなかなか卵が固まってこないので火を付け一瞬火に掛けたりしながら良い感じの硬さになるように慎重にかき混ぜる(フライパンが熱過ぎると卵のソースを入れた途端に卵焼きができてダマダマになってしまう、かといってさらさらの卵ソースも駄目)。
塩気が足りなければ更に持ったあと粉チーズを振ればよし、黒胡椒をもう一度振るとレストランに出てきそうな見た目になる。
日本のレストランに出てくるのは卵黄+生クリームでもっと上品でコクがあるかもしれませんがイタリアの家庭では全卵を使ってクリームは入れないらしいです。

アラビアータ

週末に椎茸、ソーセージ入りアラビアータを作りました。
arabi
デジカメを会社に忘れたのでケータイで撮ったら超しょぼい・・
男の子なので軽く2人前はあり、美味しく無さそうに見えますね(汗)

トマトソースには結構拘っていて(以下、ほぼ2人前)
まず玉ねぎ(半分)とニンニク(1かけ)をみじん切りにして、オリーブオイルを適量入れ、キツネ色になるまで弱火で炒め
トマトの水煮の缶詰を1個、煮汁は勿体無いけど捨ててトマトを手で潰しながら投入。(今回は干し椎茸と戻し汁少々も投入)
それでもかなりの水分が出るのでペースト状になるまで弱火で煮込む。
この時点で塩、胡椒で好みの味にしっかり整えておくと後が楽。
ソースがいい感じになったら鍋にたっぷりの湯を沸かし、しっかり塩を投入し、スパゲティ(少し太目かな?)を入れ茹でる。
茹でている間に、フライパンにオリーブオイル適量、ニンニク1カケ、種を取った赤トウガラシ一個、小さく切ったソーセージを入れ、スパゲティが茹で上がる5分前から弱火で炒める。
ニンニクに色が付き出したら、茹で汁を適量入れ(私の場合、大さじ3?5)かき混ぜてとろっと乳化させ、イタリアンパセリを多めに入れる。
その後、作って置いたソースを入れよくかき混ぜ、水分が多ければ少し煮る、少なければ茹で汁(又はエクストラバージンオイル)を入れ水分調整をする。少し水分が多いかな?ってなくらいがパスタとからみ易くて良い。
いい感じの硬さに茹であがったスパゲティを入れて軽くかき混ぜて皿に盛って出来上がり。

スパゲティに1時間以上かかて作ったお味は最高!ソースの深みが違いますね!!
アラビアータは本来、椎茸やソーセージを入れずシンプルにトマトと赤トウガラシを楽しむ料理のようですが、少しソーセージを入れるとやっぱ美味しい…(チーズは入れたらソースの良さが分からなくなると思う)
今日は調子にのって近所カルフールでgoccia d'oroのエクストラバージンを買いました。
イタリア、ウンブリア地方の香りを試してみたいと思います。
まずはそのまま飲んでみましょう(爆)

天津飯?

ココのレシピ通りに作ったらメチャ美味しかったです。
ten
またまた2人前はありますねー(笑)
カニカマ無かったので小エビと干しシイタケ。あとは日本から持ってきて全部あります(笑)
関西人には水200cc位で良いと思います。
しょうゆじゃなくてポン酢ってところがポイントなのでしょうね。全然違います。(お試しください)
プロフィール

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。