スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年間の謎が解けました(恥)

散髪に行こうといつも通りポーランド語が話せない自分に代わって同僚に予約をお願いしお店へ
予約した時間に行くとお店は閉まっていました。
きっと何か用事が出来たのだろう(そのお店は普通のアパートの一室でプライベートでやっているのです)と思い諦めて帰る。
数日後もう一度予約してもらい行くもお店は閉まっている…きっともういい歳なので少し体調が悪のだろうと思い諦めて帰る。
翌日、予約をしてくれた同僚が私の頭を見るなり「あれっ行かなかったの?」と聞くので「また閉まってた」と答えるとそれはオカシイ!とお店へクレームの電話、「ええっ?私はお店で来るのをちゃんと待ってましたよ」との回答。
「そんな事は有り得ない何度もノックしたし!お店の場所替えたでしょ!」「そもそも予約しているにも関わらずいつも長い間待たされる!」と猛反発!
すると「あなたに会ったことなんてないよ!いつも予約しているのにスッポかすのはどっちなの!」と・・・

「えっ?!いやいやいつも切ってくれてるしバカ言ってんじゃないよ!年取ってるから心配までしたのに」と同僚に話すと「ええ?!彼はまだ若いよ、誰と間違えてんの?」
私「ええ?」だってあの公園の近くのとこでしょ?
同僚「そうだよ、あの少し地下へ階段を降りたあるところね」
私「いやいや、地下じゃないでしょ、1階でしょ」

「じゃあ今日、2人で行ってみよう」ってことで案内された場所はいつも行っている場所と隣り合わせの別の建物・・・

そう、この2年間、予約してもらい私は時間通りに・・・しかし別の場所へ・・・プライベートなお店へ「予約している!」と言い張って待っては切ってもらって、予約されていた方は待ちぼうけだったのです(爆)

行きしなその今まで”切ってもらっていた”場所に行くと今日は開いており同僚に「どうする?」と聞かれましたが「いやっ今日はこの2年間を謝らなくちゃいけない!」と”いつも予約だけ”していたお店へ・・・

顔を合わせると「あぁやっと会いましたね」と・・・「いやぁすみません」と・・・でも事情を話すとお互い腹を抱えて爆笑で、お客さんとのあいまに髪を切ってもらいました。
そのお店の彼は歳もきっと同じくらいでひとつも怒りもしないで気さくに対応してくれ彼の大きなハートに感動の1日でした(笑)

なにも写真がないので今日はもうすぐ9月ってことでCKBの「せぷてんばぁ」で夏の終わりをしみじみと・・・

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

続・笑話29

困った相談から2日後の朝     どーしよ~車検切れてましたぁ[TдT] っと泣き顔で出勤してきた大トトロ。 奴が言うには6月で切れてたらしい、私が前回車検してやったのだがいつだったか覚えてない(必要が無い)。   [画像] 助けてやりたいが次の休日は美浜サーキ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フジさん、こんばんわ。
その話しって凄いですね、でも誤解がとけて良かった。

アハハハ~

うちの笑話より10倍面白いですね~
お互い我慢強いっていうか、どっちかが「二度と・・・(受けるもんか or 予約するもんか)」って思わなかったのが凄い(大笑)

似た物同士かな?

No title

大川光一さん、こんにちは。
この2年間、何とも不思議に思わず毎回毎回、表にに看板も出ていてよく分かる”予約だけしていた”お店の前をひょこひょこ通り過ぎてアパートのドアに小さな看板が付いた地元の人もあまり知らないような所へ入って行って”予約している”と切ってもらっていた自分の行動を想像して、久しぶりにお腹が痛くなるくらい笑ってしまいました。。いやぁ~今でも恥ずかしいです(笑)

No title

おかんの頭の頭さん、こんにちは。
いやぁ~本当にあった怖い話ですよ(笑)
貴方様はよくご承知の通りで散髪屋さんって1回行っただけのようなお店だと別の場所へと思うかもしれませんがもう2年間同じ所へ行っているとなかなか別の場所へ行こうと思えないです。。
特に言葉も上手く通じない状況でどう切って欲しいのかも難しいですしその上、普段切ってない日本人の髪質ですし。。
でも小さな街なので今まで親切にも切ってくれていたオジサンに偶々会って切った髪を見られたら残念に思われそうでどうしようと思っています。。

例えばお店に入って何かを手に取ってレジの前に立つでしょ。その時店員はケータイで誰かと楽しそうに話してる。客がその話が終わるのを待たなきゃなんないのです。日本のコンビニでそんなことをしていたら絶対怒りますがこちいでは”そんなもん”なんです。
こちらでは生活でも仕事でも普段から自分の思うことの50%くらい満たしていればそれで良いという精神状態でいるのでお店が閉まっているくらい「まぁえっか」と思ってしまいました(笑)
今回行ったお店はカット約420円、時間にして10分(うち3分は途中手を止めケータイで話していた。出来あがったものはその50%を十分超えていたのでグレイト!と言ってガッツリ握手を交わしてじゃあね!と超ご機嫌で帰りました(笑)
まぁそれだけ日本のサービスが素晴らしいということでそれは世界中からすでに評価されていると思います。

No title

分厚~い言葉と文字の壁。
英語なら知ってる単語だけ拾ってある程度想像できる。
中国語の文字なら同じくで雰囲気はつかめる。
でもポーランド語は・・想像もつきません。

セプテンバー・・・アース・ウインド&ファイヤー、竹内まりや・・そして太田裕美かな?
セプテンバーレインレイン、九月の雨は冷たくて~♪

No title

満太郎さん、こんにちは。
ポーランド語は聞きとることも読みとることも話すことのも難しいですね。。
英語すら学生時代のサボりが響いてようやく社内の日常会話は支障無く出来るようになった程度で客先と価格交渉だとかシビアな会話にはまだまだ駄目です。。
同じ英語でもドイツ人、フランス人、スペイン人…それぞれ母国語の発音が混ざるので話しを聞いていてほとんど分からないこともあります(笑)
中国語は書いてるのは結構理解出来ますが聞き取るのは不可能ですね。。

ほんと学生時代に何の為に勉強するのか?それが将来のためだとすれば外国語は一番大切な科目だと今になって思います。読み書きは別にして言いたいことを自分の口で言えることが大切だと思います。
あとは別に社会人になっても必要になった時に出来ますしね。一生懸命覚えた数学の難しい方程式なんて全く使いませんし。エクセルもあるし。どれだけ優れたものがあってもそれを伝える手段は言語ですしね。。

オフコースの「夏の終わり」か「秋の気配」でもと思いましたが若くないのでやめました(爆)

No title

中国人が言ってたけど、日本人に中国語の発音は無理と。
「暑い」は何て言うのん?と問えば「ウォーロン」とのことだけど、このウォーの発音が微妙。
ますだおかだの岡田のギャグ「ワオ」と「ウォ」を合わせたような感じ。

広い国土だから方言は中国人同士でも全然解らんそう。
外国語を聞いてるみたいだとか。
中国にも”標準語”なるものが存在するらしく、出身が違う場合はこれを用いるとのこと。

日本の狭い国土でも東北や沖縄の言葉は関西人にはわかり辛い。
お隣の和歌山でも純粋の和歌山弁は難解。

英語といえばアメリカやイギリスのイメージだが、世界に英語を常用する国は多い。
なもんで多少発音がおかしくても”訛り”でごまかせるんかな?などと思う。

日常英会話がこなせるとはたいしたもんや。
おそらく非破壊検査のワケの解らん単位や重力加速度がどうたら・・などが中心の勉強だったんかな?
後に海外に行くことも可能性のひとつとして考えて実戦英語はこれからの学生は必須ですね。
ユニクロとか社内の会話を英語にするなんて企業もあるし。

知ってるロシア語。

「ダー」・・・デューク東郷がしゃべってた

「ピロシキ」・・・ロシア語じゃない?

ラスプーチン・・・あ、これは人名か

No title

満太郎さん、いつもお返事ありがとうございます。
確かに日本国内でも色んな方言がありますものね。奈良の吉野の方は結構変っていて奈良に来た当時は戸惑いました(笑)ましてや広い中国では地方によってぜんぜん違うのでしょうね(なんだか言葉で差別されそうで嫌だけど…)。
アメリカ人やイギリス人の英語は聞き取れない聞き取ってくれないです。彼らには常用語で何の苦労も無く生まれながらにそれを手にいれることが出来るのに私の話す英語を何とか聞き取ってあげようという努力はまるで感じません。。
ちょうどこの間、イギリスとスペインとポーランドで同時電話会議をしたのですが全部が全部違う英語で話すので聞き取るのが大変大変・・・こっちはポーラン人と英語を英語に通訳してたりしてました(汗)
ドイツ語やポーランド語など割とローマ字読みする言語を持つ相手同士の英語は互いに分かり易かったりします。
イギリス植民地だったインドなども英語が常用されていますよね(結構聞き取り難いですが)。韓国人と英語で話した時はタチツテトの発音がチャチチュチェチョ…といった感じで非常に聞き取り辛かったです。でもこんな遠いヨーロッパでは同じアジア人というだけで互いに何か親近感が湧いてましたけどね。

ポーランド語で乾杯はナゾロビエ、ロシア語ではナズロビエ?忘れましたが結構似てます。健康を祝うような意味だったと思いますがどちらの国もウォッカならばどー考えても健康的とは思えませんが・・・(笑)
プロフィール

fujisun

Author:fujisun
09年1月より仕事の都合でポーランド共和国在住(元奈良県在住)良くは分からないけどとにかくチャレンジ!失敗したって…それが貴重なものだって…自分の物ですからいいですよね(汗)そんな素人の破壊的整備記録ですのであまり真に受けないでくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
thank you!!
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。